マンU、財政難バレンシアから22歳MFの獲得を検討? 交渉難航中のバイエルンMFの代わりに

マンU、財政難バレンシアから22歳MFの獲得を検討? 交渉難航中のバイエルンMFの代わりに

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/09/16
No image

【写真:Getty Images】

マンチェスター・ユナイテッドがバレンシアに所属する22歳のセルビア人MFウロシュ・ラチッチの獲得を検討しているようだ。15日に英紙『サン』が報じている。

同紙によると、ユナイテッドはバイエルン・ミュンヘン所属のスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラをトップターゲットとしていたが、チアゴ側が要求した週給20万ポンド(約2700万円)を拒み、最初の会談で合意に至らなかったという。すでにターゲットをラチッチに変更したと同紙は伝えている。

ラチッチには9200万ポンド(約125億円)の契約解除金が設定されているが、財政難に陥っているバレンシアは資金が必要なため、2800万ポンド(約38億円)ほどの移籍金でもバレンシアが応じる可能性があるとのこと。

2018年7月にセルビアのレッドスター・ベオグラードからバレンシアに完全移籍したラチッチ。2019年1月から半年間はテネリフェにレンタル移籍し、2019/20シーズンはポルトガルのFCファマリカンに期限付き移籍していた。バレンシアに復帰した今季は、リーガエスパニョーラ開幕戦のレバンテ戦で18分間プレーしている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加