東野幸治、“ある言葉”の生みの親だった 「知らないと思いますけど...」

東野幸治、“ある言葉”の生みの親だった 「知らないと思いますけど...」

  • Sirabee(オトナ)
  • 更新日:2022/11/25
No image

24日放送の『たとえ発掘バラエティ 後藤&河合はウリふたつ!?』(日本テレビ系)で、東野幸治が誰もが知っている「あの言葉」の生みの親であることが判明した。

■「自分では言わないようにしてた」

番組内では、必要以上に主張してくる人に対して使われる「圧がすごい」という言葉を生み出した人物だという東野に、この言葉の誕生秘話を語ってもらうことに。

番組スタッフが「『圧がすごい』という例え、生みの親は東野さん?」と尋ねると、対する東野は「そうです」と頷き「あんまり自分では言わないようにしてたんで、知らないと思いますけど…」と続けた。

関連記事:今田耕司、今もアダルトビデオを購入する理由を告白 「純粋な…というか」

■きっかけは深夜番組で…

なお、「圧がすごい」という言葉は、今田耕司と東野がメインMCを務めていた深夜番組『やりにげコージー』(テレビ東京系)で生まれたのだという。

東野いわく、その当時の今田は東野の話を途中でさえぎり、自分の話をすることが何回もあったとのこと。そのため東野は「良い言葉ないかな」と家で考えていたそうだ。

■最初は「プレスがすごい」

今田へのツッコミを考えていたことが明らかになると、スタジオでは出演者が「考えてたんや!?」とびっくり。

そんな東野によると、最初は自分の話をさえぎる今田のことを「プレスがすごい」という言葉で例えていたとのこと。しかし、そのフレーズを言っても現場はあまり盛り上がらなかったそう…。

■半年後には有名に

そのため「『プレスがすごい』は違うな」と思った東野は、日本語に言い換えて「圧力がすごい」から、短くして「圧がすごい」という言葉を思い付いた。

そして、次の収録で今田が勢いよくしゃべった瞬間に「圧がすごい」と発したところ、現場は大ウケしたとのこと。そこで3ヵ月ほどこの言葉を様々な現場で使った結果、半年後にはバラエティー番組でみんなが「圧がすごい」と使い出すようになったそうだ。

(文/Sirabee 編集部・綿 つゆ子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加