バイオリニスト川井郁子20周年コンサート オーケストラと和楽器融合 「道なき道を歩んで」

バイオリニスト川井郁子20周年コンサート オーケストラと和楽器融合 「道なき道を歩んで」

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2022/06/24
No image

取材に応じるバイオリニスト川井郁子(22年6月7日撮影)

バイオリニスト川井郁子(54)が23日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで「20周年 川井郁子 シンフォニックコンサート~越境するヴァイオリンミューズ~withオーケストラ響き~ひびき~」を開いた。

オーケストラと篳篥(ひちりき)、尺八、笛、琵琶、琴、鼓、和太鼓などの和楽器を融合させ、初挑戦の弾き振りにも挑戦した。「この20年間はいろいろなチャレンジをして、たくさんの発見があった。自分のオリジナルを作って、道なき道を歩んで来られました」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加