2023年卒の学生が選んだ業界別の企業ブランドランキング

2023年卒の学生が選んだ業界別の企業ブランドランキング

  • @DIME
  • 更新日:2022/05/14

2023年卒業予定の就活生がブランド価値を感じる企業はどこなのだろうか?

文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所はこのほど、2023年卒業予定の学生を対象とした「2023年入社希望者対象 就職活動(前半)」の業界別順位を発表した。

本調査は、過去10年以上にわたり就職活動を行う学生に対して、年に3回「企業の就職ブランド」について調査しているもの。3年生・院1年生の4月~9月(夏インターン時期)を「早期」、10月~3月中旬(秋冬インターン・採用広報解禁時期)を「前半」、3月中旬~6月(説明会・選考期)を「後半」と位置づけている。

No image

金融首位は日本生命保険、ITはNTTデータ、化学は富士フイルムグループ

金融業界では、1位が「日本生命保険」だった。以降、2位「大和証券グループ」、3位「 東京海上日動火災保険」、4位「損害保険ジャパン」、5位「SMBC日興証券」と続いた。

No image

マスコミ業界では、1位に「博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ」がランクイン。以降、2位「ソニーミュージックグループ」、3位「ジェイアール東日本企画」、4位「集英社」、5位「講談社」と続いた。

No image

商社業界では、1位が「伊藤忠商事」、2位「丸紅」、3位「三菱商事」、4位「三井物産」、5位「阪和興業」となった。

No image

IT業界で1位になったのは「NTTデータ」。以下、2位「楽天グループ」、3位「東日本電信電話(NTT東日本)」、4位「日立ソリューションズ」、5位「Sky」となった。

No image

自動車・機械・電気機器業界では、1位に「ソニー」、2位「トヨタ自動車」、3位「DMG森精機」、4位「富士通」、5位「日立製作所」となった。

No image

食品業界では、1位が「 明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)」だった。以降、2位「味の素」、3位「ロッテ」、4位「キッコーマン」、5位「アサヒ飲料」となった。

No image

旅客業界(航空・鉄道)では、1位「東日本旅客鉄道(JR東日本)」、2位「東京地下鉄(東京メトロ)」、3位「東海旅客鉄道(JR東海)」、4位「全日本空輸(ANA)」、5位「日本航空(JAL)」となった。

No image

流通業界では、1位に「そごう・西武」がランクイン。以降、2位「ニトリ」、3位「アトレ」、4位「ルミネ」、5位「イオン」と続いた。

No image

建設・住宅業界では、1位が「住友林業」。以下、2位「積水ハウス」、3位「大和ハウス工業」、4位「三井ホーム」、5位「一条工務店」となった。

No image

化学業界で1位になったのは「富士フイルムグループ」。以降、2位「花王」、3位「カネカ」、4位「積水化学工業」、5位「旭化成グループ」と続いた。

No image

シンクタンク・調査・コンサルタント業界では、1位が「大和総研」。以下、2位「アクセンチュア」、3位「アビームコンサルティング」、4位「野村総合研究所」、5位「日本M&Aセンター」と続いた。

No image

不動産業界では、1位が「三菱地所」だった。以下、2位「三井不動産」、3位「NTT都市開発」、4位「野村不動産」、5位「都市再生機構(UR都市機構)」となった。

No image

<調査概要>
調査名 :2023年入社希望者対象 就職活動[前半] 就職ブランド調査
調査対象 :2023年春入社希望の「ブンナビ」会員 (現大学4年生、現大学院2年生)
調査期間 :開始:2021/10/1 ~ 終了:2022/3/15
調査方法 :文化放送キャリアパートナーズ運営の就職サイト「ブンナビ」上でのWebアンケート
文化放送キャリアパートナーズ主催の就職イベント会場での紙・アプリアンケート
文化放送キャリアパートナーズ就職雑誌&デジタルブック内QRコードアンケート
*投票者1名が最大5票を有し、志望企業を1位から5位まで選択する形式
有効回答数 :25,560 (うち男子12050・女子13510/文系20728・理系4832)
└総得票数 :72,752票

出典元:株式会社文化放送キャリアパートナーズ

構成/こじへい

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加