音楽活動以外にも!ビヨンセ&ジェイ・Z夫妻の収入源と総資産

音楽活動以外にも!ビヨンセ&ジェイ・Z夫妻の収入源と総資産

  • コスモポリタン
  • 更新日:2021/05/06
No image

パワーカップルとして知られるビヨンセとジェイ・Zが、桁外れのお金持ちであることは誰もが知っているはず。その理由として、二人の輝かしい音楽のキャリアが真っ先に思いつくけれど、実はそれだけではないのをご存知でしょうか? 本記事では、ビヨンセとジェイ・Zのお金の収入源や、総資産を深掘りします!

No image

アルバムとシングルの売り上げ

デジタルシングルの売り上げは、ビヨンセが2,600万ドル(約28億円)、ジェイ・Zは1,750万ドル(約18億9千万円)。アルバムはジェイ・Zが2,750万ドル(約29億7千万円)、ビヨンセが1,500万ドル(約16億2千万円)の売り上げで、どちらも巨額の売り上げを出しているのはたしか!

ジェイ・Zがビヨンセよりアルバムの売上高が高いのは、ヒット曲がデジタル配信が主流になる前だったことが要因として考えられます。

ちなみにビヨンセは「デスティニーズ・チャイルド」時代から、他のメンバーと収入は分けていたものの、かなり稼いでいたことは確実。

No image

ツアー収入

ビヨンセとジェイ・Zが2014年に一緒に行った「On the Run」ツアーでは、二人で9,500万ドル(約100億2千万)の利益があったそう。それに留まらず、2018年に再度一緒に行った「On the Run II」ツアーでは、2億5千万ドル(約270億円)の利益を叩き出しました。

一方の個人ツアーでは、ジェイ・Zの2017年「4:44」ツアーが、48.7万ドル(約5,200万円)。ビヨンセの2億5,600万ドル(約276億円)に及び、2016年に最も稼いだアーティストに。桁違いの金額に、驚きを隠せない…!

また、2018年に野外音楽フェスティバル「コーチェラ」にビヨンセが出演したときは、300万ドル(約3億2,400万)のギャラが発生したんだとか。出演時間は105分だったことから、ビヨンセは1分間で28,571ドル(約309万)稼いだという計算に…!

ブランドの収益(ビヨンセ)

今はもう販売していないけれど、ビヨンセと母ティナ・ノールズが、ファッションブランド「House of Deréon(ハウスオブデレオン)」を運営していたことも。

その後、アスレジャーブランド「Ivy Park(アイビーパーク)」を手掛け、 初めてのコレクションは2014年に「Topshop(トップショップ)」でローンチした初コレクションは、販売と同時に完売! ここ最近は、「アディダス」とのコラボも大人気なんだとか。

ちなみに過去には香水も販売し、2013年には4億ドル(約430億円)の売り上げに。たしかに香りだけでも真似したいというファンは多そう…!

広告収入(ビヨンセ)

過去には、「トミー・ヒルフィガー」「アルマーニ 」など数々のエンドースメント契約をしてきているけれど、最高額は、2012年の「ペプシ」との5,000万ドル(約54億円)の契金!

No image

映画出演(ビヨンセ)

ここ最近だと、映画『ライオンキング』の声優など、いくつもの映画に出演しているビヨンセ。ギャラは明らかにされていないけれど、映画『ドリームガールズ』で共演していた俳優ジェイミー・フォックスが映画で数百万ドル稼いだという報道がされていたことから、ビヨンセのギャラもかなりの額が予想されています…!

また、Netflixはビヨンセの生き様を捉えたドキュメンタリー映画『HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品』を始めとする3つのプロジェクトのために、6,000万ドル(約64億8千万円)もの契約金を支払ったという報道も。

No image

「Tidal」投資活動(ジェイ・Z)

資産運用も得意なジェイ・Zは、2018年、音楽サブスクリプションサービス「Tidal」を5,600万ドル(約60億円)で購入。当時『Forbes』は、「Tidal」は6億ドル(約648億円)の価値があると報道していました。ここ最近、ジェイ・Zは、「Tidal」のほとんどの株を2億9,700万ドル(約320億円)で売却し、おおよそ1億4,900万円(約138億円)の利益となり、資産は40%も上がったのだそう。

ちなみにビヨンセも「Tidal」の一部を所有し、自身のアルバム『Lemonade』は「Tidal」で限定配信されました。

No image

その他のプロジェクト(ジェイ・Z)

他にも「Roc Nation(ロック・ネイション)」と「Roc Nation(ロック・ネイション・スポーツ)」というエンターテイメント会社の代表も務めているジェイ・Z。ちなみにビヨンセも「Parkwood Entertainment」というエンターテイメント会社を設立しています。

以前は、ファッションライン「Rocawear(ロカウェア)」も保持していたけれど、7億ドル(約750億円)の収益を出した後、2億400万ドル(約220億円)で売却したそう。

さらに、ジェイ・Zは、「40/40 club」というチェーンのスポーツ・バー、レストランも所有。 「Armand de Brignac(アルマン・ド・ブリニャック)」と呼ばれるシャンパンも所有していたけれど、『Forbes』によると、6億4千万ドル(約690億円)に及ぶと思われる会社の50%を売却したばかりとのこと。

二人の総資産は?

2020年10月の『Forbes』によると、ビヨンセの総資産は4億5千万ドル(約480億円)、ジェイ・Zは14億ドル(約1,500億円)。二人の合計は18億5千ドル(約1,980億円)!

2018年の総資産は、ビヨンセは3億5,500万ドル(約383億円)、ジェイ・Zは9億ドル(約970億円)だったことから、着実に資産を増やしているみたい。

ちなみにジェイ・Zの内訳は、投資で4億2,500万ドル(約458億円)、「Armand de Brignac」で3億2千万ドル(約345億円)、「Roc Nation」で1億4千万ドル(約151億円)、一部所有している高級ブランデーブランド「D’Usse」で1億2千万(約129億円)ドル、音楽カタログ料で9,500万ドル(約102億円)とのこと。

それに加えて、ジェイ・Zとビヨンセは7,000万ドル(約75億円)の価値がある数々のアート作品を保有し、5,000万ドル(約54億円)の不動産投資も一緒に行なっているそう。凄すぎてもう何も言えません…!

※この翻訳は抄訳です。

Translation: Haruka Thiel
COSMOPOLITAN US

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加