Netflix、ジブリ「アーヤと魔女」世界配信、過去の21作品も。日本と米国は除く

Netflix、ジブリ「アーヤと魔女」世界配信、過去の21作品も。日本と米国は除く

  • AV Watch
  • 更新日:2021/10/14
No image

「アーヤと魔女」

Netflixは、スタジオジブリの最新アニメ映画「アーヤと魔女」を、11月18日より日本と米国を除く世界各国で配信する。なお、Netflixでは、配給パートナーであるワイルドバンチ・インターナショナル、GKIDSを通して、2020年からジブリの長編映画21作品が日本と米国を除く世界へ配信されている。

ジブリの宮崎吾朗氏は「このたび、私たちの『アーヤと魔女』がNetflixによってたくさんの国や地域で配信されることを、とても嬉しく思っています。『アーヤと魔女』はスタジオジブリが初めて取り組んだフル3DCGI作品です。これまでのジブリの精神や誇りを引き継ぎつつ、CGIという新しい技術に取り組むことは私たちにとって大きな挑戦でした。そうして誕生したのがこの作品の主人公アーヤです。ちょっと悪い子だけど、持ち前の賢さと行動力で困難を乗り越えていくアーヤ。彼女が、過去21作品の主人公たちと同じように皆さんに愛してもらえたら、これ以上嬉しいことはありません」。

「今、世界は混乱し困難な時代に向かっているようです。そんな時代にあって、この作品が未来を生きていく子どもたちへのエールとなることを心より願っています」とコメントしている。

Netflix コンテンツ部門 ディレクター アラム・ヤコビアン氏は、「『アーヤと魔女』の配信決定により、スタジオジブリ作品のラインナップを拡充できることを光栄に思うことに加え、宮崎吾朗監督による待望の新作は、多彩なスタジオジブリ作品に新たな視点を与えるものだと考えます。2020年にNetflixでスタジオジブリの映画を配信以降、日本と米国を除く配信地域において5,500万世帯がNetflixでスタジオジブリ作品を視聴しており、その数は今後も増え続けることと期待しております」と語る。

『アーヤと魔女』は、自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが、ある日、奇妙な家に引き取られ、そこで怖そうな魔女と暮らすことになったことから始まる物語。原作はイギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの同名小説。

映画は、30言語以上に多言語化して配信される。Netflixで配信中のスタジオジブリ作品の全ラインナップは以下の通り。

『風の谷のナウシカ』(1984)

『天空の城ラピュタ』(1986)

『となりのトトロ』(1988)

『魔女の宅急便』(1989)

『おもひでぽろぽろ』(1991)

『紅の豚』(1992)

『海がきこえる』(1993)

『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994)

『耳をすませば』(1995)

『もののけ姫』(1997)

『ホーホケキョ となりの山田くん』(1999)

『千と千尋の神隠し』(2001)

『猫の恩返し』(2002)

『ハウルの動く城』(2004)

『ゲド戦記』(2006)

『崖の上のポニョ』(2008)

『借りぐらしのアリエッティ』(2010)

『コクリコ坂から』(2011)

『風立ちぬ』(2013)

『かぐや姫の物語』(2013)

『思い出のマーニー』(2014)

『アーヤと魔女』(2020)

山崎健太郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加