石井杏奈、中川大志の“壁ドン”に憧れ「ロマンチックな男の人にキュン」

石井杏奈、中川大志の“壁ドン”に憧れ「ロマンチックな男の人にキュン」

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2021/04/08

約1年公開が延期になっていた映画『砕け散るところを見せてあげる』がついに4月9日(金)公開される。原作は竹宮ゆゆこの小説。物語は平凡な日々を送る高校生、濱田清澄が、学年イチの嫌われ者と呼ばれる孤独な少女、蔵本玻璃と出会うところから始まる。壮絶なイジメ、誰にも言えない秘密、そして恐怖…。メガホンを握った奇才、SABU監督が世に送り出す衝撃の作品。そこで清澄を演じた中川大志と玻璃役の石井杏奈の対談を実施。作品にかける思いや、エピソードを明かしてもらった。

No image

――まずは原作、脚本をお読みになったときに感想からお願いします。

中川「すみません、正直、最初の感想は忘れてしまいました。撮影をしたのがもう2年以上も前で。でも撮影が終わった後、抜け殻状態になってしまったことは覚えています。幻の日々だったんじゃないかなってくらい濃くて過酷な撮影の日々でした」

石井「最初、原作を読んだときは衝撃を受けました。自分が想像していた内容とは全然違っていて。玻璃を演じたら、自分はどうなってしまうんだろう、という未知との遭遇みたいなインパクトがあったことは覚えてます。でも終わった後は達成感と寂しさと、様々な気持ちが入り乱れて。毎日毎日、過酷なシーンが多かったので、ずっと緊張というか気を張っている状態だったからこそ、終わったときは解き放たれつつ、ロスにもなりました。写真を見返したり、台本を読み返したりしたぐらいに」

――改めて作品をご覧になって、どう思われましたか?

中川「1年近く映画の公開が延期になったのもあったんですが、改めて見直してみると、あのとき、こうできたのかな、あそこもこうできたのかな、って思うこともあります。でも、僕はそれ以上に、二十歳になったばかりのころしかできない芝居のほうが多かったとも思っていて。そのときにしか見えてないことがいっぱいありました。それがこの作品には強く出ているんじゃないかって感じています。今では絶対に同じ作品にはならないだろうなって芝居も多いですし、そういうタイミングでこの作品出会えたことは、本当に幸せだなと思いました」

石井「私は、感じたことを忘れたくなくて日記をつけていました」

中川「見せてよ、それ!」

石井「ダメです(笑)。そんなにたいしたことは書いてないのですが、日記を見返すと、確かにあのシーンのときはこう思っていた、この日数でこのシーンを撮っていたのだと思い出すことが多くて。そういう意味では毎日刺激的な日々だったと思います」

中川「僕が撮影中、考えていたことは玻璃に“全集中”すること、でした」

石井「今、流行りのね(笑)」

中川「そう(笑)。でも、本当にそれがすべてで。自分がどういう顔をするか、どういうふうにセリフを言うかはもちろん事前に考えてきましたけど、全部捨てていくつもりでした。玻璃から受け取って、清澄は何を思うのか。そこを大事にして芝居をしたかったので、一瞬たりとも玻璃のサインや表情を見逃さないようにしていました」

石井「私も大志くんをずっと見ていましたし、現場でもずっと清澄に支えられているなと感じていて。ただそばにいるだけで、落ち着くことができました。撮影中も、このシーンが次に繋がるために…ということを考えるより、ひとつのシーンを全力で生きよう、呼吸しようと思っていたので、まっすぐな玻璃を演じられたのだと思います」

――撮影エピソードがあったら教えてください。

石井「アドリブのシーンが一か所だけあって」

中川「どこだっけ?」

石井「保健室のシーン」

中川「あはははは、あったあった。2人だけでずっと話さないといけなかったとき」

石井「モノローグがつくのでセリフはオフになるのですが、2人でしゃべっていて、と監督に言われて。全然カットがかからなかったんです。そのときの大志くんが本当に面白くて(笑)」

中川「洋菓子より和菓子が好きなの? みたいな会話からずっと話さなきゃいけなくてね」

石井「そう。ほかのセリフはほぼ台本通りだったので、そこは新鮮でとても面白かったんです」

中川「てんぱったよね、あそこは(笑)」

石井「てんぱった(笑)」

――現場でのお2人は、どのような感じだったんですか?

石井「大志くんはありのままだったよね?」

中川「ありのままだったのかなぁ? 杏ちゃんとは3回目の共演になるので、実は距離感が難しいと思っていたんです。それはすごく考えていて。ちょっと距離をとった方がいいのか、あまり近すぎても良くないのかなぁ、って。でも、杏ちゃんはカメラの前に立つと玻璃として生きていたんです。だからこそオフの時間は切り替えて過ごすことができました。もしかしたら、玻璃みたいに気持ちが落ちていたかもしれない…それは本人しか分からないんですけど、現場では結構、和気あいあいとしていた印象ですね」

石井「私は大志くんというか清澄には頼りまくっていましたから(笑)」

中川「そういえば、湖に入ったシーンではスタッフさんが足湯を用意してくれて」

石井「寒すぎてね」

中川「お湯に浸かりながら、用意してくれたうどんみたいなのを食べて」

石井「ほうとうだっけ?」

中川「そう。あれは体にしみたなぁ」

石井「しみましたね」

中川「本当にびっくりするぐらい寒くて。11月、夜の長野の山の中で。中にはウエットスーツを着てやっていたんですけど、寒すぎました」

石井「そしたら大志くんはお湯に浸かってから、湯気を出してヒーローみたいなことをしてくれて(笑)」

中川「そうそう(笑)」

石井「とても笑わせてもらいました」

――ちなみにお2人が憧れる青春のシーンというと?

中川「中学のときは小学校から一緒にあがってきた友だちがいっぱいいて。僕はそのときから仕事をしていたので撮影で休むこともあったんです。久々に学校へ行って友だちに“一緒に帰ろうぜ”って言ったら“あ、ごめん。今日彼女が”って言われて。寂しい、俺。1人で帰るの? みたいな(笑)。彼女を送るため反対方向に歩いていく友だちの姿を見て、青春だなぁって思いました。別にうらやましくないし!って自分に言い聞かせながら一人で寂しく帰ったのを覚えています(笑)」

石井「私はそれこそ大志くんが(映画などで)たくさんやってきた壁ドンとかに…」

中川「憧れてるの?」

石井「いや、実際に壁ドンとか、あごクイなんてされることはないじゃないですか」

中川「確かに」

石井「でも、そういうロマンチックな男の人にキュンキュンします。間近に顔がきて、ドンとかされたら、つり橋効果のようにそのドンでドキッとして、この人のこと好きかもしれない…みたいな(笑)。そういう恋愛作品を見ると憧れます。現実世界でされてみたいなぁと」

中川「結構、ロマンチストなんですね」

石井「もうベタベタなシチュエーションが好きなので(笑)。バラを贈られたり、誕生日にシャンパンをあけてもらったり」

中川「そういうことすると恥ずかしくなっちゃうんだよね。だから、自分がやるとしたら先に言っちゃうかも。“今から壁ドンするね”って(笑)」

石井「絶対、大志くんはやった方がいい!」

中川「いや、できないでしょ」

石井「という女子目線からのアドバイスでした(笑)」

――では最後にお2人から映画『砕け散るところを見せてあげる』を楽しみにしている方たちにメッセージをお願いいたします。

石井「たくさんの取材を受けることで、この映画について考える機会が増え、どんどん好きになった作品でもあります。SABU監督が“自信を持って送り出せる作品”と言ってくださった言葉が私の心にも響いていて。そんな作品に自分が出演できたことを幸せに感じています。見てくださる方たちに後悔させないような映画になっていると思いますので、ぜひご覧になって愛を感じていただきたいです」

中川「撮影して完成して、公開が1年延期になってしまって。ちょっと温まり過ぎているので、自分としては早く羽ばたかせてあげたいという作品。いつ届けられるか、もどかしい気持ちがいっぱいで。だからこそ、まずは劇場で公開されることに感謝しておりますし、本当に大好きな作品だからこそ、多くの方に見ていただけたらうれしいです。待たせた分、絶対に裏切らない作品になっていると僕も自信を持って言えます。ぜひご覧になってください!」

映画『砕け散るところを見せてあげる』

2021年4月9日(金)新宿ピカデリー、イオンシネマ他にて全国公開

出演:中川大志、石井杏奈

井之脇海、清原果耶、松井愛莉 /

北村匠海、矢田亜希子、木野花 / 原田知世 / 堤真一

監督:SABU

原作:竹宮ゆゆこ『砕け散るところを見せてあげる』(新潮文庫nex)

主題歌:琉衣「Day dream ~白昼夢~」(LDH Records)

公式サイト:https://kudakechiru.jp/

©2020 映画「砕け散るところを見せてあげる」製作委員会

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加