「いいね数」で判明したジャニーズの序列、GACKTの異常行動に戦慄、米倉涼子と弘中アナの支持層...週末芸能ニュース雑話

「いいね数」で判明したジャニーズの序列、GACKTの異常行動に戦慄、米倉涼子と弘中アナの支持層...週末芸能ニュース雑話

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2021/02/21
No image

記者I KinKi Kidsの堂本剛が今年6月に退所するのではと15日に「東スポweb」が報じた件ですが、18日には「週刊女性」から反論記事のようなものが出ていましたね。

デスクH どちらの記事も剛はアーティストの活動もしているし体調面でも不安があるからってことを書いていたけど、剛だけではなく堂本光一もかなりジャニーズから優遇されてきているから退所まではまだいかない気がするけどなぁ。V6みたく社内独立するんじゃない?

記者I ジャニーズといえば、14日には新型コロナウイルスに対する支援活動「Smile Up!Project」の一環として95名が公式インスタグラムに写真を投稿してましたけど、その中でもキンキも普通にコメント出してましたもんね。一人ひとりが投稿していたため、ファンが押した「いいね数」で顕著に人気の指標が分かってしまうというのも、なかなか面白いところではありましたが(参照記事)。

デスクH この記事、知り合いの代理店からも参考になったって連絡きたよ(笑)。TOP20位以内にKing & Princeが全員ランクインしてたのは結構驚いたね。キンプリは看板番組があるわけでもないから。この「いいね数」を見たらテレビマンもなにか番組やりたくなっちゃうんじゃないかね。

記者I 20位以内を見るとSexyZoneの中島健人などもランクインしていますがSixTONESとSnowManのメンバーが多いのもかなり注目かと。やっぱりSNSやYouTubeでの活動を行なっているグループはネットとの親和性は高いみたいですね。

デスクH 今回はデビュー組だけだったけど、意外とJr.も含めていたら結構上位にきていたかもね。少年忍者とかのメンバーも最近はテレビ露出が増えてきているし。今年も誰かしらデビュー発表がありそうだけど割と上が詰まっているからなぁ。

記者I 「ジャニーズJr.22歳定年」が始まるので、どんどんデビューさせないと退所させるしかないですからね。ネットを中心に活動している退所組の赤西仁や錦戸亮とかはのびのびやっていますし(参照記事)、手越なんかはCMも普通に出ていますから。ジャニーズも本腰入れてネットに参入ですかね。

デスクH いずれにせよ、どうせいつかやるなら早めにやっておいたほうが良さそうなもんだけどね。ネットメディアはジャニーズの画像解禁を望んでいるところは多いだろうしね。

記者I GACKTが愛犬を知人に里子に出したということで炎上しましたが、芸能人がペット好きって嘘つくのは割と見ますよね(参照記事)。

デスクH 犬と子どもはブログにしても動画にしても数字が取れる鉄板ネタだからね(笑)。まあ、今回は愛犬って言っておきながらフランクに犬を譲っているGACKTの異常さが特に際立っていたから、ペット好きを中心に反感を買ったんだろうね。まだまだ炎上ネタはもってそうだから『格付け』もどうなることやら。

記者I 一応、ライブ放送で釈明していましたが、プロデュースしたドレスがデザイン盗用していた際と同じく歯切れのよいものではありませんでしたね。動画のネタと言えば、「FRIDAY」(講談社)が吉本興業の大崎洋会長にインタビューした際に、雨上がり決死隊の宮迫博之について聞いてみたら「いや、もう戻らんでええと思うで。いちいちYouTubeでネタにすんなって話や。辞めてまで吉本のことネタにすんなよって」言われてて(参照記事)、普通に激怒されているなと(苦笑)。

デスクH 宮迫はテレビに戻りたいなら、最初から松本人志などからのアドバイスを受け入れておけばよかったのにね。YouTuberのヒカルやラファエルとコラボしてたら自分のイメージがより悪くなるとかテレビで使われづらくなるとかは考えられなかったのかな。宮迫の息子さんも芸人活動をしているから飛び火しないといいけど。

記者I 昨年は芸能人の独立が相次ぎましたが、米倉涼子もその中のひとり。しかし、ファンクラブを開設したところ、会員数が伸び悩んでいるとか(参照記事)。

デスクH 米倉はドラマに出たらかなり視聴率が取れるけど、“強い女性”のイメージがつきすぎて意外と男性ファンは多くない。その分、女性層からの支持はありそうだけどわざわざ年会費を払ってまでファンクラブに入りたいと思う人は少なかったんだろうなぁ。

記者I テレビ朝日の弘中綾香アナは「週刊女性」(主婦と生活社)が発表した「嫌いな局アナランキング」で首位になったそうで(参照記事)、こちらも女性層からの支持がないことが露呈する結果になっていました。

デスクH 「嫌いな局アナ」はアンケートをとった年齢層が30代以上だったから、弘中アナの「あざとさ」とかは倦厭しそうな世代だもんなぁ。“自分がいかに映えるか”とかを気にしている10代から20代の世代には支持されてそうだけど、どこかでキャラチェンジしないとこの先はきつそう。

記者I 最後にK-POPネタを。ガールズグループ・TWICEの日本人メンバーSANAがコブクロの楽曲「卒業」のMVに出演して話題になっていたそうですが、なんでもTWICEの日本人メンバー3名をユニットとして日本デビューさせたいと業界内では思惑があるそうで(参照記事)。

デスクH 来年くらいが契約の見直しのタイミングだからってことだけど、このコロナ禍だから日本で落ち着いて活動したいと思っているメンバーもいそうだもんね。年齢的にもアイドル売りからアーティスト売りにシフトしたい年頃だろうし、意外とありえるんじゃないかな。今週はこのあたりで!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加