球場騒然 中日選手交代でまた通達漏れの珍事 敵将指摘で球審が立浪監督に確認後〝左翼交代〟

球場騒然 中日選手交代でまた通達漏れの珍事 敵将指摘で球審が立浪監督に確認後〝左翼交代〟

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/23
No image

9回、選手交代を告げる立浪監督(撮影・開出牧)

「ヤクルト0-3中日」(22日、神宮球場)

九回にスタンドがざわつく〝ハプニング〟があった。

ヤクルトの攻撃で塩見が打ち取られて1死となった直後、ヤクルト・高津監督が柳田球審に何かを指摘。柳田球審は三塁ベンチの中日・立浪監督に確認後、左翼が大島から加藤翔に代わったことがアナウンスされた。すでに塩見の打席で加藤翔は左翼を守っていた。

九回、イニング間にはR・マルティネスが投手、石垣が二塁、高橋周が二塁から三塁への変更はアナウンスがあった。加藤翔については立浪監督が伝達していなかったのか、球審の聞き逃しか、アナウンスはされず。いずれにしても〝通達漏れ〟だったことは明らかで、スコアボードの表示も大島のままだった。

17日の中日-ヤクルト戦(バンテリン)では、中日・立浪監督が選手交代の通告を怠り、NPBが20日に立浪監督を厳重注意の処分に科したばかり。これを知る中日ファンを中心に騒然となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加