東京で栗スイーツを堪能!王道モンブラン多数おすすめ20選

東京で栗スイーツを堪能!王道モンブラン多数おすすめ20選

  • 食べログまとめ
  • 更新日:2021/07/21

日本の首都、東京。さまざまなジャンルの飲食店が激戦を繰り広げていますが、中でもパティスリーに関しては名門が集まる超激戦区と言えます。今回は、そんな東京で美味しい栗スイーツを堪能できる洋菓子・和菓子店、ベーカリーなどをまとめました。秋の味覚、栗スイーツをお探しの際は、ぜひ参考にしてください。

記事作成日:2021/07/21

イデミスギノ

No image
No image

出典:tomomin826さん

「イデミスギノ」は、ムースの魔術師と呼ばれるという、パティシエ界では有名な杉野英実氏のお店。東京メトロ銀座線、京橋駅1番出口から徒歩約2分。

店内には、スイーツを引き立たせるシックなイートインスペースがあるそう。お店は東京都中央区、京橋にあります。

No image

出典:俊太朗さん

ムース系のガトーが評判のお店だそう。写真は、質感の異なる2種の栗のムースを使った「ラルム」。パティスリーを代表するスイーツのひとつです。

マロンがしっかりと主張する、重めのムースが特徴だそう。お酒が効いていて、大人の味わいなんだとか。

No image

出典:ぴーたんたんさん

こちらは、洋ナシのムースにまろやかな栗のムースを組み合わせた「ポワリエ」です。

控えめに香る洋ナシムースは、プルッとした独特の食感で口溶けが良いそう。見た目にも美しいです。

・ラルム下層にはマロングラッセが練りこまれている。トップのマロングラッセは強い甘みでねっとりとして、存在感がある。チョコレートソースは甘さ控えめで濃厚。

出典:真央たんさんの口コミ

ケーキの生クリームが苦手なので、こちらのケーキのフレンチのムースやフランに似た食感はとても好みでした。フルーツの酸味やリキュールの使い方が特徴的ですね。スイーツ好きの誰もが笑顔になる魅惑のパティスリー。

出典:ぴーたんたんさんの口コミ

イデミスギノ(京橋/ケーキ、カフェ・喫茶(その他))

☆4.01

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都中央区京橋3-6-17京橋大栄ビル 1F

TEL:03-3538-6780

パティスリー・パリセヴェイユ

No image

出典:えもやん★スイーツハンターさん

パティスリーの激戦区、東京・自由が丘にある「パティスリー・パリセヴェイユ」。東急東横線・東急大井町線、自由が丘駅正面口から徒歩3分。

フランスの街にありそうな、木材をたっぷり使用したアンティークな外観、内観がとてもおしゃれだそうです。

No image

出典:Joe Woodstockさん

写真は季節限定で登場する「モンブラン」。イートイン限定の商品です。また、数量限定かつイートインは予約が必要なため、人気が集中するんだそう。

洋酒がほんのり効いた、栗感しっかりのマロンクリームはかなりのクオリティなんだとか。

No image

出典:mad_methodさん

煮りんごが入った焼き菓子バールドールや、栗入りのマドレーヌなど、焼き菓子は手土産や自分へのご褒美などに人気。

ガトーはイートインでフレッシュな美味しさを堪能し、焼き菓子はテイクアウトで帰宅後の楽しみに良さそうです。

・モンブランマロンクリームは、ほのかな洋酒?の香り、栗の存在感しっかりでやや甘め。生クリームはコクがあってマロンクリームを引き立て、サクサクのメレンゲが土台になっていて食感もグッド。

出典:Joe Woodstockさんの口コミ

東京のパティスリーを代表するお店のひとつ。自由が丘といえば、こちらは外せない!外観も店内もParisを彷彿とさせる大好きな雰囲気。

出典:♪タルトシトロン♪さんの口コミ

パティスリー・パリセヴェイユ(自由が丘/ケーキ、カフェ、パン)

☆3.99

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都目黒区自由が丘2-14-5館山ビル 1F

TEL:03-5731-3230

エーグルドゥース

No image

出典:毎日外食グルメ豚さんさん

東京都新宿区にある人気のパティスリー「エーグルドゥース」。JR山手線、目白駅から徒歩約8~10分ほどの場所にあります。

店内には、8席ほどのイートインスペースを完備。洋風でおしゃれな外観にひかれますね。

No image

出典:八坂牛太さん

ケーキに使用する材料は、極力自家製にこだわっているというこちらのパティスリー。こうして丁寧に作られたスイーツが人気なんだそう。

写真は「フォンダン・オー・マロン」。マロンクリームは栗の香りが上品に引き立ち、栗のコクを楽しめるケーキだそう。

No image

出典:bottanさん

こちらは「ドルシュ・オ・マロン」。サクッと食感で口溶けの良いメレンゲの土台に、硬めのマロンクリームを絞ったモンブランです。

甘さやコクのバランスが良く、栗の味わいが舌に残る逸品だそう。

どこかお勧めのケーキ屋はありますかと尋ねられると、何軒かありますが、必ずエーグルドゥースさんはお勧めするお店です。店内はショーケース内のケーキの他に焼き菓子・ジャムなどが並んでおり、良い香りがします。

出典:カフェモカ男さんの口コミ

・フォンダン・オー・マロン下部は栗のピュレそのものといった感じで、濃厚だが甘さ控えめが好ましく、素材の美味さがストレートに楽しめる。

出典:蓼喰人さんの口コミ

エーグルドゥース(目白/ケーキ、カフェ、マカロン)

☆3.96

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都新宿区下落合3-22-13

TEL:03-5988-0330

オーボンヴュータン 尾山台店

No image

出典:ぱんどみさん

東京都世田谷区にある有名パティスリー「オーボンヴュータン 尾山台店」。日本におけるフランス伝統菓子の第一人者として知られる河田勝彦シェフのお店です。

東急大井町線、尾山台駅から徒歩7分。テーブル席の他、スタンディング用のカウンターがあります。

No image

出典:金のとんびさん

こちらのパティスリーは、ケーキ、ショコラ、焼き菓子、デリカテッセンなど商品数がとにかく豊富です。

写真は栗スイーツの王道「マロングラッセ」。大粒の栗はねっとりと炊かれ、ほどよい甘さとコクが引き立っているそう。

No image

出典:八坂牛太さん

こちらの「モンブラン」は、早い時間に売り切れてしまう人気商品とのこと。栗の甘い香りとコクが口の中に広がり、濃厚なクリームとよく合い美味しいそう。

土台の部分はメレンゲそのものののようなフワフワ食感で、ラムが強めに効いた、大人な味わいとのこと。

店内は もう…ねヽ(*´▽)ノ♪甘いモノ好きにとっては マジ夢の国。都内にパティスリーは数あれど ここほど商品ラインナップが充実した店って他にある?

出典:野良パンダムさんの口コミ

・モンブランマロンクリームの中にマッシュされたマロンとクレームシャンティ。マロンクリームは粘度が少なくて滑らか。また、中に入っているのがマッシュマロンだから、口の中で溶けてしまう感じ。マロンをしっかり感じられて美味しいモンブランでした。

出典:Nobu' Sさんの口コミ

オーボンヴュータン(尾山台/ケーキ、デリカテッセン、カフェ)

☆3.95

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都世田谷区等々力2-1-3

TEL:03-3703-8428

パティスリー プレジール

No image

出典:su_taさん

地元民はもちろん、その他からも足を運ぶファンが多い東京都世田谷区の人気洋菓子店「パティスリー プレジール」。茶や白を基調とした優しい雰囲気の店内には、8席ほどのイートインスペースを完備。

東急世田谷線、西太子堂駅から徒歩10分の場所にあります。

No image

出典:photomaniaさん

「パティスリー プレジール」のスペシャリテは「しぼりたてモンブラン」です。注文を受けてからたっぷりのマロンクリームを絞るため、出来立てを楽しめるイートインがおすすめとのこと。

栗の甘味や奥深い味わいを楽しめるモンブランだそう。

No image

出典:ラコちゃんコウちゃんさん

こちらのパティスリーでは、王道の「ショートケーキ」も美味しいと評判です。

しっかりめのスポンジ、上品な生クリーム、苺の甘味と酸味、すべてのバランスがとれたショートケーキなんだそう。

・しぼりたてモンブランぽてぽて・とぅる~んとした、なんとも言えないソフトな食感で、そこからあっという間に口溶けして行きます(●︎´▽︎`●︎) 栗の風味が濃厚で、乳脂肪の甘みがサポート。土台の焼きメレンゲは、儚くもシュリっとした食感。コク甘いです。

出典:hymurockさんの口コミ

・ショートケーキ苺の甘味も素晴らしくて、酸味ともバランスもイイ‼️そして上品な生クリームが全てを包み込みます(^-^)こちらもとっても美味しいケーキでした(๑˃̵ᴗ˂̵)

出典:ラコちゃんコウちゃんさんの口コミ

パティスリー プレジール(西太子堂/ケーキ、カフェ)

☆3.94

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都世田谷区代沢4-7-3

TEL:03-6431-0350

アテスウェイ

No image

出典:coccinellaさんさん

東京都武蔵野市の人気エリア・吉祥寺の閑静な住宅街にある、パティスリー「アテスウェイ」。吉祥寺駅と西荻窪駅の中間ほどの場所にあります。

お店の外に、ちょっとしたイートインスペースを完備。天気が良ければテラスで寛げますよ。

No image

出典:がてぃおさん

お店の一番人気は「モンブラン」。オープンから間もなくして売り切れてしまうこともあるという大人気メニューです。

土台はアーモンドのメレンゲで、和栗の上にホイップクリーム、それを洋栗の濃厚なペーストが覆っているそう。サイズも大きめなんだとか。

No image

出典:ぴーたんたんさん

「アテスウェイ」では、蜂蜜入りのふわふわスポンジが特徴のショートケーキも人気だそう。

季節の果実を使用した四角いショートケーキの「ガトーフレーズ」は、コクのある生クリームも絶品なんだとか。

・モンブランマロンペースト、マロンから栗の味がしっかりと感じられ、甘さ控えめの濃厚なホイップクリームとよく合いますね。栗本来の味が味わえるケーキです。サイズが大きいのでかなり食べ応えがありますね。

出典:su_taさんの口コミ

お目当のモンブランだけでなく、ガトーフレーズもとても美味しかったです。他にも美味しそうなケーキがたくさんあったので、また荻窪を訪れた時はお邪魔したいですね。

出典:あるぱかーんさんの口コミ

アテスウェイ(吉祥寺/ケーキ、スイーツ(その他))

☆3.94

夜の金額:~¥999

昼の金額:~¥999

住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町3-8-8カサ吉祥寺2

TEL:0422-29-0888

モンサンクレール

No image

出典:wajorinさん

東京自由が丘にある総合パティスリー「モンサンクレール」。プチガトーや焼き菓子の他、パンやショコラなども取り揃えています。

おしゃれで落ち着きのある店内には、14席程のイートインスペースを完備。世界的なパティシエ、辻口博啓シェフによるお店です。

No image

出典:Joe Woodstockさん

写真は、旬の季節になると味わえる「利平栗のモンブラン」。利平栗は、栗の王様と呼ばれているだけに存在感が抜群だそう。

味わいも濃く、栗の豊かな香りとコクを楽しめるそうです。

No image

出典:笑笑♡Shannonさん

こちらも秋の味覚「ミルフィーユカシスマロン」。3種類のマロンクリームを硬めのパイ生地で挟んでいるそう。

見た目からも、栗らしさや秋らしさを感じられる可愛いガトーですね。

・利平栗のモンブラン一口食べて驚くのが、「栗の王様」と言われる利平栗の存在感。生クリームもあるけど、圧倒的に栗が勝っている。和栗でここまでの味と香りは初めてかも。文句なしの絶品です!

出典:Joe Woodstockさんの口コミ

・ミルフィーユカシスマロン硬めのサクサクな2枚のパイ生地に3種類のマロンクリームを(ガナッシ ュ·ムース·モンブランクリーム)を使い、酸味のあるカシスジュレがいいアクセント♡

出典:笑笑♡Shannonさんの口コミ

モンサンクレール(自由が丘/ケーキ、マカロン、パン)

☆3.92

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都目黒区自由が丘2-22-4

TEL:03-3718-5200

LESS

No image

出典:su_taさん

2019年のオープン当初から注目を集める、東京目黒にあるパティスリー「LESS」。日本人とイタリア人、2名のシェフによるお店なんだそう。

白を基調とした店内はおしゃれな雰囲気で、ちょっとしたイートインスペースも用意されています。

No image

出典:sshimo1さん

スペシャリテのパネットーネ、数種類のプチガトーがあり、ひとつひとつ丁寧に説明してくれるんだとか。

中には栗を使用したケーキもあります。写真右側は、ほろ苦いチョコレートと甘い栗のバランスが絶妙な「栗とチョコレートのケーキ」だそう。

No image

出典:sakura007さん

こちらは秋の味覚「栗のミルフィーユ」です。丹波栗と、小布施栗渋皮煮ペーストを使用しているそう。

クリームは控えめに、丹羽栗渋皮煮がゴロゴロ入った大人の栗スイーツなんだとか。

・栗とチョコレートのケーキまるでアイスケーキのような食感、パリパリでほろ苦い薄皮チョコレートと、甘くて柔らかい栗がベストマッチ。苦味の中から栗の甘さが溶け出してくるようです。

出典:sshimo1さんの口コミ

・栗のミルフィーユ上はマダガスカル産バニラのクリームにシシリー産ヘーゼルナッツと葉っぱメレンゲです。ほろ苦い渋皮の香りがして、じんわりするオトナのミルフィーユ。このお店ならではの雰囲気も持ち合わせています。

出典:sakura007さんの口コミ

LESS(恵比寿/ケーキ、カフェ)

☆3.92

夜の金額:¥3,000~¥3,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都目黒区三田1-12-25金子ビル 1F

TEL:03-6451-2717

レピキュリアン

No image

出典:レビューメーカーさん

東京都武蔵野市にある人気洋菓子店「レピキュリアン」。JR吉祥寺駅南口から徒歩3分ほどの場所にあります。

午後の決まった時間になると、約8席のカフェスペースが開放されるのだとか。ゆっくりと寛ぎたい人が列を作って待っているそう。

No image

出典:su_taさん

看板メニューは、写真センターの「ミルフィーユ・フランボワーズ」とのこと。最後までフランボワーズの香りや美味しさを楽しめるそう。

他に「モンブラン」や、店名を冠したタルト「レピキュリアン」も人気です。

No image

出典:su_taさん

季節に関係なく美味しいという「モンブラン」。マロンクリームは栗が濃いめで、土台のタルトがミルフィールのようにパリパリとしているのが特徴なんだそう。

中にコーヒービスキュイが入っているのが特徴で、他にはあまりない面白いモンブランなんだとか。

・モンブランこのモンブランの特徴は、なんと言ってもコーヒーシロップが染み込んだビスキュイが入っていることです!!生クリームは繊細で、ティラミスのような雰囲気も少し感じます。甘さ控えめで、すぐに食べちゃう1品。

出典:グルメなえりちゃんさんの口コミ

・ミルフィーユ・フランボワーズサックサクです!少し硬いのでフォークじゃ切れないですが、クリームとの対比が◎フランボワーズが酸味があってまたカスタードにマッチ♡

出典:layla..さんの口コミ

レピキュリアン(吉祥寺/ケーキ、カフェ)

☆3.92

夜の金額:~¥999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-9-5

TEL:0422-46-6288

ブーランジェリー スドウ

No image

出典:Tokyo Rocksさん

東京都世田谷区にある「ブーランジェリー スドウ」。世田谷線、松陰神社前駅から徒歩1分の場所にあります。

店内にはちょっとしたイートインスペースもあり、その場で人気のベーカリーを堪能できます。

No image

出典:まおけんさん

定番から流行りのパン、惣菜系からスイーツ系まで色々な種類のパンが棚に並んでいる「ブーランジェリー スドウ」。

その中には、栗を使用したデニッシュやガレット・デ・ロワなどもあります。

No image

出典:ttczさん

元々、デニッシュが名物だというこちらのお店。写真は「栗大福のデニッシュ」です。

大きな栗とアンコの相性が抜群なんだとか。デニッシュはバターの味わいが豊かで、サクサク食感でとにかく美味しいそう。

・栗大福のデニッシュとっても食べやすいいいお味の栗大福。美味しいです!大福も結構大きいです!!これは食べ応えあり!

出典:ottimo・bonheur・La paix・calmeさんの口コミ

こちらのデニッシュはどれも本当に芸術的で美しいく、保冷剤とともに箱詰めされてもはやパンというよりケーキ。

出典:la_la_lasagna*さんの口コミ

ブーランジェリー スドウ(松陰神社前/パン、カフェ、スイーツ(その他))

☆3.91

夜の金額:~¥999

昼の金額:~¥999

住所:東京都世田谷区世田谷4-3-14

TEL:03-5426-0175

クリオロ 東京本店

No image

出典:ガレットブルトンヌさん

フランスのセンスと日本の繊細さを融合させたスイーツが人気の「クリオロ 東京本店」。

オープンテラスを含め、席は多めにあります。東京メトロ、小竹向原駅3番出口から徒歩3分、静かな住宅地に佇むおしゃれなパティスリーです。

No image

出典:笑笑♡Shannonさん

ケーキや焼き菓子だけでなく、ワインやパンなども売っているこちらのお店。目移りしてしまう程どれも魅力的なんだそう。

ケーキは種類豊富ですが、中でもメディアで取り上げられたことのある栗感が絶妙な「モンブラン」をお目当てに訪れる人も多いんだとか。

No image

出典:ミッキーマウスだよさん

「モンブラン」と同様に注目を集めているのが「幻のチーズケーキ」です。

その名前のとおり、口に入れたことが幻かのようにふわっと軽く口溶けが良いのに、チーズの濃厚さやしっとり感も楽しめる、繊細な口当たりのチーズケーキなんだそう。

飴細工のバランス感覚を養おうと生け花を学びに日本に来たというユニークな経緯の持ち主のオーナーシェフのサントス氏。ケーキに女性的な繊細さを感じるのはその経緯からしても頷ける。

出典:まっちゃん16660さんの口コミ

・モンブランこれはモンブランと言うか、モンブランの形をしたマロングラッセ♪洋酒が効いてて、厚手のメレンゲの上に薄茶のクリーム、その上に真っ白な生クリーム、それを囲うように美しく巻いたマロンクリーム。大きめサイズで満足度高いです。

出典:キレートれもんさんの口コミ

クリオロ(小竹向原/ケーキ、カフェ、パン)

☆3.90

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都板橋区向原3-9-2サントスビル 1F

TEL:03-3958-7058

パティスリー リョーコ

No image

出典:mm_foodsさん

東京都港区にある「パティスリー リョーコ」。ピンク色の外観が印象的です。

お店は都営地下鉄浅草線、高輪台駅A1出口から徒歩3分。事前にオーダーを済ませておく、テイクアウトのみの予約制パティスリーです。

No image

出典:りりたさん

写真は、栗のムースと栗のピューレ、生クリームやカスタードのバランスが物凄く良いと評判の「モンブラン」。

こちらの「モンブラン」は土台が特徴的だそうで、ヌガーのようにねっちりと香ばしいメレンゲ土台とのこと。

No image

出典:sKさん

「パティスリー リョーコ」はアントルメも人気があり、モンブランのホールケーキは、レースのように絞られたマロンペーストがなんとも美しいです。

水分が少なめで、栗そのものの濃厚な味わいを楽しめるモンブランだそう。

・モンブランモンブラン、洋酒が少し効いてる。美味しい。下に敷いてあるメレンゲもなんか存在感あってサクッとしてて美味しい。

出典:kaoru52510さんの口コミ

予約は1週間前の10時開始でWEBのみ。ですが速攻で完売します。本当に一瞬で売り切れるんです。ちなみに今回は3回目の挑戦でやっと予約できました。私のお誕生日会のときに、ここのケーキが絶対食べたい!とゴネました笑ところ、家族が頑張って予約してくれました〜( ;∀;)♡♡♡

出典:真央たんさんの口コミ

パティスリー リョーコ(高輪台/ケーキ、チョコレート、マカロン)

☆4.12

夜の金額:¥3,000~¥3,999

昼の金額:~¥999

住所:東京都港区高輪3-2-8

TEL:03-5422-6942

一幸庵

No image

出典:ぶーさん21。さん

東京メトロ丸ノ内線、茗荷谷駅から徒歩4分の和菓子店「一幸庵」。

名物のわらび餅をはじめ、和菓子の美しさをまとめた「IKKOAN」という書籍が、海外メディアからも注目を集めているのだとか。

No image

出典:mana_catさん

こちらは、グラデーションが美しい羊羹の中に、栗が月のように浮かぶ「栗蒸しようかん」。

色や形が洗練された美しさを持つ、「一幸庵」の和菓子を象徴するような逸品です。

No image

出典:玉かずらさん

栗のつぶつぶ感が残る「栗きんとん」も人気の逸品とのこと。塩気が効いているところが特徴なんだそう。

口に入れた瞬間に栗をたっぷり使っていることが分かる「栗きんとん」なんだとか。

・栗蒸しようかん蜜煮した栗をたっぷりと練りこんだ羊羹。甘みはやや強めだが、栗の風味が映える秋らしい銘菓。

出典:gunmadontistさんの口コミ

・栗きんとん大振りでずっしり。表面に軽く焼き色。滑らかな栗の裏ごしに米粒ほど、いやもっと小さいかな、の栗が混ぜられています。この大きさが絶妙。

出典:じゅあんさんの口コミ

一幸庵(茗荷谷/和菓子)

☆3.95

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:~¥999

住所:東京都文京区小石川5-3-15

TEL:03-5684-6591

ジェラテリア アクオリーナ

No image

出典:mm_foodsさん

東京都目黒区にある「ジェラテリア アクオリーナ」。素材の味わいを活かしたジェラート専門店で、東京屈指の美味しさだとリピーターの多い人気店です。

お店は東急東横線、祐天寺駅西口を出てすぐ。店内には6席ほどのイートインスペースがあります。

No image

出典:kobagori0330さん

「ジェラテリア アクオリーナ」では、ミルクやチョコレートといった定番をはじめ、他では見かけないような珍しいフレーバーも数多く楽しめます。

秋冬になると和栗のフレーバーが登場。栗感をしっかり楽しめる、濃厚な栗ジェラートなんだそう。

No image

出典:hymurockさん

時季になると旬の和栗を使用した、濃厚な「和栗のソフトクリーム」も登場するんだとか。

栗の味わいと香りに加え、ミルクもたっぷり使っているため、後味さっぱりの和栗ソフトなんだそう。

・和栗和栗はいわゆるモンブランを想像していましたが全く違います。何が違うのか、ミルクがさっぱりしています。そして栗がぎゅぎゅっと詰まった味、舌触りはとてもなめらかクリーミー。

出典:belindaさんの口コミ

アイスケースの中にはたくさんの種類のものと、食べたことのないフレーバーの数々でウキウキしてしまいます。味わいはさすが。素材のクセが生きているという感じです。美味しいなとつくづく思い、お店を後にしました。

出典:yamay630さんの口コミ

ジェラテリア アクオリーナ(祐天寺/アイスクリーム、ソフトクリーム)

☆3.94

夜の金額:-

昼の金額:~¥999

住所:東京都目黒区五本木1-11-10

TEL:03-5708-5787

アヴランシュ・ゲネー

No image

出典:白いんげんさん

東京都文京区、春日駅A2出口から徒歩1分のパティスリー「アヴランシュ・ゲネー」。テイクアウト専門のお店です。

種類豊富で見た目にも美しいプチガトーが、ショーケースに並んでいるそう。真っ赤な外観。ひと目でお店の場所が分かりますね。

No image

出典:YamaNe79さん

写真は、お店で人気の「モンブラン」。旬の時期は和栗を、基本は洋栗を使用しているとのこと。土台のメレンゲノワゼットは口溶けが良く、香りも良いんだとか。

栗の味わいが凝縮されたペーストが美味しいんだそう。

No image

出典:ガレットブルトンヌさん

こちらは「ケーク・オ・マロン」。という和栗の焼き菓子です。カットする前は横長のケーキで、上にはゴロゴロと5粒のマロンがのっています。

甘さ上品で、栗が濃厚な焼き菓子だそう。

・モンブラン和栗のペーストの中には生クリームでこちらはシンプル。中のアクセント的なものを期待してしまいましたが、栗の風味がよく楽しむことができました。

出典:furutax2さんの口コミ

赤いケーキのような外観がおしゃれなお店です。夕方の薄暗くなった状況でお店へ伺うと、ライトアップされており、外観が素敵でした。

出典:肉ソンウーバーさんの口コミ

アヴランシュ・ゲネー(春日/ケーキ、チョコレート)

☆3.93

夜の金額:~¥999

昼の金額:~¥999

住所:東京都文京区本郷4-17-61F

TEL:03-6883-6619

フレデリック カッセル 銀座三越

No image

出典:まりゅたさん

「フレデリック カッセル 銀座三越」は、パリ郊外、フォンテーヌブローに本店があるパティスリー&ショコラトリーです。

こちらの店舗は東京メトロ銀座線銀座駅から徒歩1分、銀座三越の地下2階にあります。

No image

出典:YamaNe79さん

「フレデリックカッセル」と言えばミルフィーユがスペシャリテですが、季節限定のプチガトーも人気です。

「モンブラン・ジュール」はそのひとつで、濃厚で甘さのある栗のクリームが特徴とのこと。内側のクリームにはカシスが効いているそう。

No image

出典:やっぱりモツが好きさん

やはりこちらに来たら、スペシャリテの「ミルフィユ・ヴァニーユ」も気になる逸品。

芳醇な香りを楽しめるタヒチバニラを使用したクリームは、コクがありつつ上品であっさりとした後味だそう。サクサクのパイ生地とのコントラストも絶妙なんだとか。

・モンブラン・ジュール期間限定の一品。栗とカシスを合わせています。クリームシャンティとメレンゲ、下地のタルトが絶妙ハーモニー!

出典:代々木乃助ククルさんの口コミ

売り場はそこそこ広いがケーキの種類は以前と変わらず10種類程、他商品は焼き菓子が豊富。ケーキの種類は少ないが、定番と期間限定が半々位で行く度に新しいケーキがあるのは好印象。

出典:八坂牛太さんの口コミ

フレデリック カッセル(銀座/ケーキ、スイーツ(その他))

☆3.93

夜の金額:~¥999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都中央区銀座4-6-16銀座三越 B2F

TEL:03-3535-1930

パティスリー ジュンウジタ

No image

出典:ゆきまどさん

名門パティスリー「サダハルアオキ パリ」でも修行経験のあるシェフによる「パティスリー ジュンウジタ」。店名はシェフの名前です。

お店は東京都目黒区にあります。青くおしゃれな外観が目印です。

No image

出典:八坂牛太さん

こちらのパティスリーでは、フランス菓子をベースに焼き菓子やガトー、マカロン、紅茶などを販売。

写真は人気商品のひとつ「タルトマロン」。ザクザクとしたアーモンドタルトの上に栗の生クリームがのり、中には栗が丸ごと1個入った贅沢なタルトです。

No image

出典:クリスティアーノ・メッシ81311さん

フランス産の栗を使用した「モンブラン」も定番人気の逸品。マロンクリームと生クリームのバランスがよく、ほんのり洋酒が香る大人なモンブランだそう。

上品な甘さに仕上がっているんだとか。

・タルトマロンアーモンドタルトは厚みがあり生地がしっかり楽しめてクリームやペーストではなく軽やかなシャンティを合わせてるのが好相性。

出典:Lady hanaさんの口コミ

どちらのケーキも美味しかったです。コスパも良心的だと思います。駅から離れてますがお散歩にはちょうどいい距離でした。

出典:Lady hanaさんの口コミ

パティスリー ジュンウジタ(都立大学/ケーキ、カフェ)

☆3.92

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:~¥999

住所:東京都目黒区碑文谷4-6-6

TEL:03-5724-3588

ラ・メゾン・デュ・ショコラ 丸の内店

No image

出典:ゆきまどさん

JR有楽町駅から徒歩3分、東京国際フォーラム方面にあるショコラトリー「ラ・メゾン・デュ・ショコラ 丸の内店」。

テイクアウトがメインですが、バレンタイン時期を除いて6席ほどのカウンターを利用でき、イートインも可能です。

No image

出典:Ajillo-yeahさん

こちらはフランス製の高級チョコレートを使用したショコラ専門店で、本店はパリにあります。

チョコレートに隠れて、名物だというのが「マロングラッセ」。ホロホロとした口溶けで、栗の風味を強く感じられる甘さ控えめのマロングラッセだそう。

No image

出典:ミニミニ大作戦さん

旬の時期には栗のプチガトーも登場。その名も「アントゥルメ・モンマロン」。ベースにショコラビスキュイを使用した、こちらのお店らしい逸品です。

洋栗の甘さ引き立つマロンクリームと、洋酒が効いたクラッシュマロン入りのスポンジとの相性が絶妙とのこと。

・アントゥルメ・モンマロン全体にコクの塊。甘さもバンバン。だが、めっちゃ小っちゃいのでご心配なく。これは、モンブランと言うよりも、メチャメチャ旨いチョコレートケーキと言ったほうが良いだろう。流石の高級店、いや一流店だ。

出典:ミニミニ大作戦さんの口コミ

・マロングラッセ甘くて、柔らかく、大振りな栗はしっとりして食べやすいです。また、甘さが他よりも控えめに感じます。

出典:s.asa8080さんの口コミ

ラ・メゾン・デュ・ショコラ(有楽町/チョコレート、ケーキ、カフェ・喫茶(その他))

☆3.91

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル 1F

TEL:03-3201-6006

リョウラ

No image

出典:Harukamboさん

東京都世田谷区にあるパティスリー「リョウラ」。田園都市線、用賀駅から徒歩3分です。

看板メニューのマカロンをはじめ、ガトーやアントルメ、焼き菓子などを販売。外観から異国情緒漂うおしゃれなお店です。

No image

出典:pinkmaroさん

「リョウラ」は、通年食べられる「モンブラン」と季節限定の「和栗のモンブラン」、2種類のモンブランを楽しめます。

シェフが、本格的なフランス菓子を販売する「ドゥーパティスリーカフェ」で働いていた時からのファンも多いという名物モンブランだそう。

No image

出典:バームクーヘンちゃんさん

こちらは通年楽しめる定番の「モンブラン」。2種類の栗を使用しているとのこと。

きめ細かな栗ペースト、甘さ控えめのクリーム、土台のメレンゲと、どの部分を食べても美味しいそう。シンプルな構成が栗の美味しさを引き立てているんだとか。

すべて結構甘めではありますが完成度は高い。特にモンブランは、栗の風味を生かした栗ペースト、中のクリームなど全ておいしい!フォンダンショコラもコーヒーなどと合わせると甘さも丁度いいです。さすがピエールエルメのスーシェフも務めたお方のパティスリー!おすすめです。

出典:ノンアル男のグルメ放浪記~ウーロンティーありますか?~さんの口コミ

・モンブラン普段、迷った時はモンブラン一択の私なのだが、これがとても美味しい。モンブランとショートケーキはごまかしがきかないと思っている。このモンブランは王道に美味しい。とっても普通なのだが、かなり美味しいのだ。

出典:campanerulaさんの口コミ

リョウラ(用賀/ケーキ、洋菓子(その他))

☆3.90

夜の金額:¥3,000~¥3,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都世田谷区用賀4-29-5グリーンヒルズ用賀ST 1F

TEL:03-6447-9406

パティスリー カーヴァンソン

No image

出典:一級うん築士さん

東京都新宿区にある「パティスリー カーヴァンソン」。月に数える程しか営業していない、幻のパティスリーです。

オープン日は、公式ホームページにてお知らせしているとのこと。オープンしている日には、お店の外に列を作る人気のお店だそう。

No image

出典:ぽちのかいぬしさん

牛乳からの生クリーム作り、ベーキングパウダー不使用の生地、徹底した室温管理などシェフのこだわりが凄いと評判。

フランス産の栗を使用した「モンブラン」や、フランスの古典的なお菓子「バルケット オ マロン」など栗のスイーツもいくつか楽しめます。

No image

出典:辣油は飲み物さん

こちらが、カシスのタルトにマロンムースを絞り、自家製チョコレートでコーティングした「バルケット オ マロン」。

力強い栗の香りを楽しめるマロンムースと、ふんわりとした香りと酸味が特徴のカシスタルトが良いバランスだそう。

・バルケット・オ・マロン底はタルトで、その上にドライカシス。そして濃いマロンクリーム。やはりチョコは滑らかで美味しい。

出典:コスモス007さんの口コミ

ケーキについての全体的な特徴としては、クリームの甘みがしっかりである事と、基本的に素朴な味わいなので子どもも楽しめるケーキであると感じました。

出典:辣油は飲み物さんの口コミ

パティスリー カーヴァンソン(飯田橋/ケーキ、チョコレート、洋菓子(その他))

☆3.90

夜の金額:~¥999

昼の金額:¥3,000~¥3,999

住所:東京都新宿区筑土八幡町1-2第3NKビル 1F

TEL:03-5228-3931

ご紹介したお店の選定方法について

「東京の栗」に関する口コミとランキングを基に選定されたお店について、食べログまとめ編集部がまとめ記事を作成しています。お店の選定には、食べログでの広告サービスご利用の有無などの口コミとランキング以外の事情は、一切考慮いたしません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加