紙パック式でゴミ捨ては約2カ月に1回でOK!日立「かるパックスティック」で日々の掃除がラクになる

紙パック式でゴミ捨ては約2カ月に1回でOK!日立「かるパックスティック」で日々の掃除がラクになる

  • &GP
  • 更新日:2022/11/25
No image

紙パック式でゴミ捨ては約2カ月に1回でOK!日立「かるパックスティック」で日々の掃除がラクになる

高い機能性とシンプルなデザインで人気のコードレススティッククリーナー。近年は吸引力が高いサイクロン式が主流になっていますが、正直「ゴミ捨て面倒」って思ったこと、ありませんか? 紙パックがないから、捨てる時に粉塵が舞ったなんてことも…。

12月中旬発売予定の紙パック式集じん方式の日立「かるパックスティック(PKV-BK3K)」(予想実勢価格:8万2280円前後)なら、マメなゴミ捨ての必要なし! なんと約2か月分相当のごみをためられるんです。これは助かる!

No image

重量はわずか1.1kg。軽さと強い吸引力を兼ね備え、そしてパワーが続く紙パック式集じん方式を取り入れることで、ごみ捨ての手間がぐっと省けて手入れだって簡単になります。

No image

溜まったごみ捨ては紙パックごとなので、ホコリが舞い散ることもありません。集じん容積は0.4L。これ、一般家庭の約2か月分に相当するんだとか。

No image

パンパンに膨らんだ紙パックでも取り出しやすい“紙パックするりん構造”を搭載し、吸引力の低下を抑える“パワー長もち流路”で、強い吸引力を維持。

No image

また、見えにくかったごみを浮かび上がらせる“ごみくっきりライト”を搭載。“パワフル スマートヘッド light”が暗いところはもちろん、明るいところでも見えにくかったごみを浮かび上がらせるので、掃除がはかどります。

No image

回転ブラシには、髪の毛やペットの毛などがからまりにくく、手入れもカンタンな“からまんブラシ”に。そしてバッテリーの充電は、従来機種の約3.5時間から約2時間に短縮されています。

押すときも引く時もごみをしっかり吸い込む“シンクロフラップ”、壁ぎわを掃除する“クルッとヘッド”、家具の下などを掃除する際にヘッドが浮き上がらない“ペタリンコ構造”、さらに、ごみを吸い込むだけでなくフローリングに付着した菌もふき取る機能も搭載されています。

No image

紙パック式を取り入れ、軽量かつパワフルで、より安定した使い心地を両立させた
「かるパックスティック(PKV-BK3K)」。年末に大掃除をしても、ごみ捨ては年明けでいいだなんて…もう、ごみの存在を完全に忘れてしまいそうです。

>>日立「かるパックスティック(PKV-BK3K)」

<文/&GP>

【関連記事】

◆より扱いやすく、清潔に。お手入れもラクになった三菱コードレススティッククリーナー
◆小さな不満をしっかり解消!エレクトロラックスの新型コードレススティッククリーナー
◆UV一体型ヘッドで掃除と除菌を同時にできるスティッククリーナー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加