成田凌「セイの天才」とほめられてドキッ! 最新映画『コンビニエンス・ストーリー』公開で舞台挨拶

成田凌「セイの天才」とほめられてドキッ! 最新映画『コンビニエンス・ストーリー』公開で舞台挨拶

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2022/08/06
No image

成田凌と前田敦子が共演する映画『コンビニエンス・ストーリー』(三木聡監督)の公開記念舞台挨拶が6日、新宿のテアトル新宿であり、成田、前田、そして三木監督が登壇した。

映画は、スランプ中の若手脚本家が欲しいものが何でも見つかるコンビニに迷い込んだことから巻き起こる不思議なアドベンチャー。

デビュー前から三木聡監督の作品のファンだという成田。撮影について聞かれると「幸せでした。毎日毎日、それはそれは過酷な日々でしたけど、本当にそれはそれは幸せな日々でした。全員が三木さんに敬意を持って三木さんについていくという意識がものすごく現場に漂っていたので、映画を作る人間として幸せな現場でした」と、最初から熱っぽいトーク。「脚本の1ページ目から三木聡が書く脚本だなということを感じました。10代のころから見ていてずっと仕事をしたかった方なので、この中に自分が入るんだなって湧き上がっていました。現場でも、美術、照明、カメラワーク…三木聡ワールドでしたね」。

「夢見心地だった」と話していたのは前田。「ここはどこだろう?みたいなところでの撮影がずっと行われていて、内容も内容でしたし。監督の演出ってなんかもう三木監督でしかないなって思いました。だからあんまり覚えてないです。夢見心地だったんだろうなって思います」

絶賛された三木監督は、成田と前田について聞かれると、「セイの天才・成田凌、動の天才・前田敦子って感じですよね。表現したいということが前に来ちゃったときに、それが果たして映画にとってプラスになるかどうかってことがあるんです。役柄によってはならないこともある。成田君が、禅僧のように、日常からずれていく感じをつかんで演じてくれてるのは、見ていて面白かったですね」

No image

「セイの天才と言われたときドキッとしました。何を言い出すんだろうかと…」と成田が言うと、三木監督は「ああ、そっち。セイ、静かなほうね。俺がドキッとするじゃない(笑)」

前田については天然な感じがあるとしながらも「芝居のところでいうと、本質的なところにたどり着くスピードがすごい早い。世界的レベル。仕事のメリハリはきっとある方なんだろうなと一生懸命やってる時とやってないと(笑)。この現場においてはポテンシャルがすごかった。世界のマエアツ」と大絶賛。そのうえで、「違うタイプの才能が、この映画のメインのところに座ってもらってる、演じてもらってるっていうのは監督として楽しかった。撮影しながらドキドキして、映画監督としていい体験をさせてもらった」と、話した。

イベントには、SNSで寄せられた質問も。成田演じる加藤がスランプ中であることから、自身がスランプに陥った時にはどうするかという問いに、成田は「瞬間的なことになりますけど、別なことします。めちゃくちゃ寝られる人なんで、一回寝るか、まあバラエティー番組見るか。お風呂にも入ります」。前田は「もやもやすることはありますけど、1人で抱え込まないようにしてます。何でも喋れる人が何人かいると全然救われるんじゃないかな」。三木監督は掃除だそう。「行き詰まると机が汚いから気が散ってかけないんじゃないかと机の掃除を始めて、それがきれいになると引き出し、部屋、しまいには風呂掃除までしたことがあります。夜中の4時に。脚本って達成感がないので、物理的に達成感があることをやっちゃいますね」と、話した。

No image

イベントの最後に前田は、映画について「異世界っていう場所にちょっと旅行に行ってる気分で見てもらえると楽しんでいただけるんじゃないかなって思います。全然怖くないんですよ」と、にっこり。

成田は「最高なエンターテイメント作品になってると思うので、楽しみに見ていただけたら」と、アピールした。

映画は公開中。

No image
No image

酒井 紫野

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加