萩野公介“兄貴分”御嶽海の初Vを祝福「みんなで喜んだ」

萩野公介“兄貴分”御嶽海の初Vを祝福「みんなで喜んだ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/07/29
No image

東兵庫大会で優勝を決め、ホッとした笑顔でスタンドにあいさつする報徳学園・大角監督(左端)=28日

リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(23)=ブリヂストン=が28日、スペインで行っていた高地合宿を終えて羽田空港に帰国した。

最近は不振が続いていたが、「やっと泳ぎがまとまってきた。今年の夏もそうだし、2020年(東京五輪)の本番に向けてやっとこれからだなという感じ」と、8月のパンパシフィック選手権(東京)、アジア大会(ジャカルタ)に向けて復調への手応えを口にした。

大相撲名古屋場所で初優勝した関脇御嶽海は東洋大の2学年先輩で、陸上短距離の桐生祥秀らとともに親交がある。萩野は「よくしてもらっている兄貴分みたいな人なので、そういう人が優勝してくれてうれしかった。(競泳日本代表ヘッドコーチの)平井(伯昌)先生も東洋大なので、みんなで優勝を喜んでいた」と祝福した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
あおり運転「酷すぎ」一部始終 爆音で空ぶかし、急ブレーキも...被害者がドラレコ動画公開
山口・周防大島で不明の男児発見 命に別状ない模様
【報ステ】「地元に帰りたい」衣装ケースに女性遺体
眞子さまの恋人・小室圭さん、“億超”警備費は税金――「国民が怒る問題じゃない」と弁護士解説

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加