和楽器バンド、最新ビジュアルでAKB48衣装責任者・茅野しのぶ氏とタッグ

和楽器バンド、最新ビジュアルでAKB48衣装責任者・茅野しのぶ氏とタッグ

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2018/10/12
No image

和楽器バンドの最新ビジュアル衣装デザインはオサレカンパニーの茅野しのぶ氏が手がけた

和楽器バンドのニューシングル「細雪」(11月14日発売)の新ビジュアルが公開され、衣装デザインをAKB48グループの衣装責任者を務めるオサレカンパニーの茅野しのぶ氏が手がけたことが明らかになった。

【写真】「ヘビロテ」「恋チュン」などAKB48代表曲衣装

詩吟、和楽器とロックを融合させた同バンドの独特な衣装テイストを残しながらも、茅野氏が得意とするポップカルチャー感を注入。これまでにない斬新なフォルムとなっている。

茅野氏は「和楽器バンドの美しい音色と歌声を視覚的にも感じてもらえるように色味に一番こだわり、オリジナルデザインの柄を使用し、個人個人ではもちろん、全員がそろった時にきれいにグラデーションの様に見えるよう、色々な素材を率いて制作致しました。御本人それぞれの魅力を引き出せていたらうれしいです」とコメントしている。

同曲はもともと、最新アルバム『オトノエ』(4月発売)のリードトラックだったが、リリース後ほどなくして、川栄李奈の初主演映画『恋のしずく』(20日公開)主題歌、京都を舞台にしたテレビアニメ『京都寺町三条のホームズ』(7月~9月放送)テーマソング、国際映画祭へ出品されたショートフィルム『遠い時間、月の明かり』の主題歌に決定したことが次々と発表され、11月14日にシングルカットされることが決定した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フリーライブフェス<ワングーフェス>、11月につくばで開催
音楽の本質に触れるALL SITY STEPPERSツアー開幕
40周年の竹内まりや、初のライブドキュメンタリー映画で、あの名曲が蘇る!
竹内まりや「souvenir」予告編が公開、「プラスティック・ラブ」のライブ映像収録
アートフェア「Selected Art Fair 2018 蒐集衆商」開催、昨年は約1万人が来場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加