堀ちえみが「かすうどん」デビューを果たし、「美味しいお出汁」

堀ちえみが「かすうどん」デビューを果たし、「美味しいお出汁」

  • アメーバニュース
  • 更新日:2017/08/11
No image

タレント・堀ちえみが「かすうどん」をブログで紹介している。「かす」とは関西地方で食べられる牛の小腸等を油で揚げた食品「油かす」のこと。堀は大阪出身で、かすうどんの本場の出身だが、最近まで食べたことがなかったのだという。

「つい最近、
遅いかすうどんデビューをしました。

こんな美味しいお出汁のうどんと、
今まで出会えなかったなんて」

と述べ、大阪市阿倍野区の商業施設ViaあべのWalk内にある「加寿屋」のかすうどん(小)を食べたことを報告。堀はこれに加え「卵かけごはん(小)」を食べ、夫はかすうどん(小)と土手煮丼を食べた。

加寿屋は「かす」について公式HPでこう説明している。

「一度口にすれば忘れられないほど印象的で、かすを加えて料理の味が引き立つゆえに外食産業では大変に重宝されており、外食産業がますます繁盛している現代日本ではかすの用途は更に開発されその使用量も今後飛躍的に増えること請け合いです」

東京にもかすうどんを出す店は存在しており、うどんのトッピングとして人気を博している。それを今回堀は食べたのだ。

なお、かすうどんは、加護亜依も好きで、過去にかすうどんを食べたことを報告。時々加護のブログに登場する東京の「つるとんたん」といううどん店でもかすうどんを食べているようだ。

油かすは通販でも購入可能で、クックパッドでもこの食材を使ったレシピはいくつも見ることが可能だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【初体験】中毒者が続出する「蒙古タンメン中本」を人生で初めて食べてみた結果! 辛味の向こう側に何があるのか......
年間100kgもの焼肉を食べる“肉バカ”が死ぬ前に食べたい究極の名店「この3軒を回れば、安らかに...」
松屋、「ビビン丼」が順次販売終了―ネットでは残念がる声も
開発担当者がこっそり教える、新『ザ・プレミアム・モルツ』を一番おいしく飲む方法
「スペイン式目玉焼き」は“焼かない”らしい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加