土壇場弾の水沼宏太、SNSで大荒れ済州戦を回想「#大変な試合だった...」

土壇場弾の水沼宏太、SNSで大荒れ済州戦を回想「#大変な試合だった...」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/02/15
No image

天皇杯に続く決勝ゴールを奪った水沼。このACLでもラッキーボーイとなりそうな雰囲気だ。(C) Getty Images

14日に行なわれたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ開幕戦で、セレッソ大阪が韓国の済州ユナイテッドと激突。終了間際に飛び出した水沼宏太の決勝弾で劇的な勝利を収め、ACL白星スタートを切った。翌15日、殊勲の水沼が自身のSNS上で喜びを表現している。

試合は立ち上がりからC大阪がボールを支配し、済州がカウンターを狙う構図で推移。ともにチャンスを作り出すものの、決め手を欠いたまま後半も終盤へ。すると、ドロー決着が濃厚かに思われた93分、高木俊幸のボレーシュートのこぼれ球の処理を相手守備陣がもたつく感に、水沼がボールを奪って左足でシュート。ネットを揺らし、劇的な決勝弾をもぎ取った。

水沼は前日の試合を振り返り、自身のツイッター、インスタグラム上で
「応援ありがとうございました!
諦めないチームが勝つ!!
勝ち点3以上の大きな1勝だと思います
来週もみんなで喜べるように」
とメッセージを綴った。

さらに、ハッシュタグで「#これぞACLって試合だったな #大変な試合だった…」と続け、済州の激しい球際でのチャージに端を発し、大荒れの肉弾戦と化したゲームをしみじみと回想していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
湘南の大卒ルーキーMF松田天馬が鮮烈J1デビュー、2人抜きアシストに「あんなの珍しい」
新生ガンバ、ジョ〜弾に沈んだ...冗談にならん7年連続開幕戦勝ちなし
韓国の大炎上選手が「銀」 リンクで土下座...マススタート女子
銀でも土下座の韓国キム・ボルム、笑顔なく...日本の視聴者「かわいそう」「許してやれよ」
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加