受験生に大人気 “もう落ちない”上野大仏のご尊顔

受験生に大人気 “もう落ちない”上野大仏のご尊顔

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/14
No image

動画を見る(元記事へ)

試験本番まっただなか、受験生らが上野公園に続々と集結している。その理由とは。

東京・上野といえばパンダだが、殺到するのは受験生やその保護者らだ。なかには遠方から来る人も。
皆さんのお目当ては、顔だけの大仏様。参拝客は顔をごしごしとなでていく。合格大仏。学業の仏様だろうか。その由来を聞くと意外な答えが返ってきた。
東叡山寛永寺、執事・宮部亮侑さん:「元々、合格祈願の大仏様というわけではありませんでした。武将の供養のためにつくられたお釈迦様が元々」
江戸時代、1631年に建てられたこの大仏。元々は体部分もあり、高さ実に6メートルもあったという。その後、幾度となく火災などに遭いダメージを受けてきた。揚げ句の果てには関東大震災で首が落ち、現在の姿になったという。
東叡山寛永寺、執事・宮部亮侑さん:「今から10年ぐらい前でしょうか。(これ以上)落ちない大仏ということで、合格大仏という考え方が大変、広く広まった」「(Q.今は結構列ができるぐらい)爆発していますね」
口コミで広がっていった上野の合格大仏。今では、資格を取得する大人たちも祈願に来るという。
ところで、気になるご利益は。
東叡山寛永寺、執事・宮部亮侑さん:「大変、多くの方がお参りにいらしていますので、ご利益、十分あるんじゃないかなというふうに思っております」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】自ら何度も救助要請するも...車内で死亡
福島の風評被害から逃げる人々
ビートたけしが泰明小学校の校長に怒り 「ちゃんと床屋に行きなさい」に称賛の声
40m超の暴風・猛吹雪に警戒 今年一番の強い風に
武装工作員を制圧せよ! 陸自と茨城県警が治安出動訓練
  • このエントリーをはてなブックマークに追加