【POG】プロディジーが決め手披露し上がり勝負を差し切る

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13

「新馬戦」(12日、東京)

好位で脚をためた7番人気のプロディジー(牝2歳、父ヴィクトワールピサ、母ベストオブミー、栗東・浜田)が、逃げ込みを図るハードカウントを首差とらえた。

「いい仕上がりでした。道中リズム良く走り、直線もしっかり脚を使ってくれた。距離はこれぐらいが良さそうです」と大野。スローペースの上がり勝負で一枚上の決め手を披露したが、勝ち時計は平凡だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
加熱式タバコ、半年吸ったら健康になった!?
「俺、出たくない」ワンオクが紅白出場を徹底拒否する理由
ローラ「しぼったぞぉ〜う!!」→「人間じゃないだろ」「リアルセーラームーン体型」
「この子は渡さない!」子犬を守る、めっちゃ過保護な親犬
ビックカメラで売れているウルトラライトな家電10選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加