石川と今村暢にダブルエース機 ボート王国九州山口!

石川と今村暢にダブルエース機 ボート王国九州山口!

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2018/04/17
No image

今年の郷土勢は老若男女、タレントが抱負だ。レジェンド・今村豊の登録番号は、唯一の2000番台。出場資格が変わり、“新人”が28人と若返ったが「(出場資格が)48歳から45歳になっても、何も変わらないよ。ボート選手のピークはみんな42、43歳なんだから。あとは下る一方だよ」と“今村節”全開。マスターズ3Vを誇る名腕が4度目の快挙、そして連覇に挑む。

存在感なら“紅一点”のグレートマザー・日高逸子も負けていない。「今年はSGみたい」と、松井繁ら居並ぶSGウイナーに目をパチクリ。「(開会式の)選手代表あいさつもしないといけないのに~。(岩崎)正哉が年下なのにしない~」とグチをこぼしながらも、どこか楽しげ。初日1Rは絶好1枠で登場。オープニングを飾って勢いに乗る。

エンジン抽選で見せ場をつくったのは石川真二と今村暢孝。石川が「71」、今村暢が「67」と、ダブルエース機を地元勢が手にする強運ぶり。特にマスターズ初出場の石川は「他の人との比較はまだ分からないが…」と口を濁らせながらも「このエンジンはいい雰囲気がある」とニンマリ。決して緩めることのない積極的なコース取りで、進入からファンを魅了。初出場初Vを狙うダークホースとなる。 (渡辺)

=2018/04/17付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
関ジャニ∞丸山隆平、渋谷すばる脱退会見でなぜメガネ?その理由にファン感涙
中央道が「中央高速道路」から「中央自動車道」に格下げになったのはなぜ?
アヴィーチー、逝去。享年28歳
勸玄くん、市川海老蔵と初お練り!「歌舞伎の道に進みたいと思います」
漫画村が復活か 閉鎖から一転「漫画タウン」にリニューアル

ランキング総合

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加