メルカリ、1分4円~の自転車シェア「メルチャリ」を2月27日から福岡市でスタート

メルカリ、1分4円~の自転車シェア「メルチャリ」を2月27日から福岡市でスタート

  • MdN
  • 更新日:2018/02/13
No image

© メルカリ新サービス「メルチャリ」事業説明会

株式会社メルカリは、2月13日、共同運用型のシェアサイクルサービス「メルチャリ」の提供を開始すると発表した。サービス開始は2月27日から。福岡市内に専用ポート50ヵ所/自転車400台超を設置してスタートし、今夏までに200ヵ所/2000台への拡充を目指す。

同サービスは、フリマアプリで知られるメルカリが展開する、自転車シェアサービスだ。30分~1時間単位でのレンタルが一般的なシェアサイクル事業において、1分単位でのレンタルに対応(4円/分)。既存サービス「メルカリ」のIDとも連携し、公共交通機関では対応しきれないラストワンマイルを埋める新サービスとしてスタートする。

CtoCプラットフォームにおいて実績のある同社では、他の自転車シェアサービスとは一線を画す「共同運用」を中心思想としたサービスを展開する。提供される専用アプリは、自身がシェアサイクルを利用する以外にも、サポーターとして運営に参加できる仕組みを備えており、自転車の再配置(過不足の解消)、放置自転車の移動、空気入れ、ポートの清掃、バッテリーの補充といった補助作業の申請が可能。

参加度合いに合わせてマイルが貯まり、メルカリポイントや自転車関連グッズと交換できるインセンティブシステムや、位置情報ゲームのように、サポートが必要な自転車を探せるゲーム性、成果が可視化できる充足感満点のUIなど、ユーザーが進んで参加したくなるよう、アプリ設計にも工夫が凝らされている。

No image

© メルカリ新サービス「メルチャリ」事業説明会

また、2017年に日本にも上陸した、中国発の自転車シェアリングサービス「Mobike」や「Ofo」が、(駐輪スペースであれば)どこに返却しても自由な「ノンドック型」であるのに対して、「メルチャリ」では、返却ポートが固定されたドック指定型を採用。自由度の高いノンドック型の利点を認めつつも、昨今の違法駐輪問題等を考慮し、ドック指定型でのサービススタートを決定している。

利用時には、障害・賠償保険が付帯し、万一の場合には、国内初となる「示談交渉サービス」にも対応。便利かつ安全なシェアサイクルサービスとして、独自のサービス展開を行なう。

プレスリリース
URL:https://about.mercari.com/press/news/article/20180213_merchari/
株式会社メルカリ
URL:https://merchari.bike/
2018/02/13

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1億円超えか 衝撃的なトヨタの究極ハイブリッドカー
さらばEJ20...スバル WRX ついに新エンジン搭載へ、2020年発売か
"仮想通貨は管理者不在"で絶対に安全か
郊外から東京都心まで......閉店ラッシュの「TSUTAYA」、レンタル実店舗に未来はある?
新規免許取得者の半数がAT限定の日本で今「MT車ブーム」が起きている理由を考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加