磐田と浦和は1-1。興梠慎三が今季17点目でドローに持ち込む

磐田と浦和は1-1。興梠慎三が今季17点目でドローに持ち込む

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/09/17
No image

ジュビロ磐田と浦和レッズは1-1のドロー【写真:Getty Images for DAZN】

【ジュビロ磐田 1-1 浦和レッズ J1第26節】

17日、明治安田生命J1リーグ第26節の試合が行われ、ジュビロ磐田と浦和レッズが対戦した。

前節は柏レイソルに敗れてリーグ戦の連勝が3でストップした浦和だが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では川崎フロンターレから4点を奪っての大逆転で準決勝へ進出。その勢いを再び国内リーグに繋げて順位を上げていきたいところだった。

だが21分、先手を取ったのはホームの磐田。今季の大きな武器となっている中村俊輔のセットプレーから生まれたゴールだった。右サイドからのFKを中村がゴール前に入れ、高橋が頭で合わせたシュートはGKに弾かれたが、こぼれ球をムサエフが頭で押し込んだ。

1点ビハインドで後半を迎えた浦和は58分、高木のクロスに合わせた武藤のヘッドがゴールネットを揺らすがオフサイドの判定。ボール保持をなかなかゴールに繋げることはできなかったが、79分にはようやく待望の1点を奪うことに成功する。相手ボールを奪った青木がすぐさま前線へ浮き球を送り、ラインの裏へ抜け出した興梠がヘディングでゴール。得点ランク単独首位に立つ今季17点目でスコアを1-1とした。

終盤は両チームが勝ち点3を狙って積極的に攻め合う展開となったが、松浦の決定的なシュートをGK西川が弾き出すなど、それ以上スコアは動かず。ともに勝ち点1を加える結果となった。

【得点者】
21分 1-0 ムサエフ(磐田)
79分 1-1 興梠慎三(浦和)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横浜FMに大打撃、齋藤学が8カ月の長期離脱...来季開幕戦も絶望
藤枝GK田口がプロA契約を締結、レンタル元の横浜FMからもコメントを発表
【現役の眼】元日本代表MF、橋本英郎が解き明かす「流行する3-4-2-1の狙いと効きめ」
川崎Fイタタ... MF大島が左ハムストリング肉離れで全治2カ月
長谷川監督、台所事情に悩み「選ばれて欲しいけど」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加