奈良公園で「シカに噛まれた!」 中国人観光客からの訴えが多い理由

奈良公園で「シカに噛まれた!」 中国人観光客からの訴えが多い理由

  • Jタウンネット
  • 更新日:2018/02/13

奈良市内の観光名所「奈良公園」でシカに噛まれてけがをしたという通報件数が、過去最多にまで達している。

特に、中国人観光客が被害を訴えるケースが多いというのだ。

けがをしたという通報が今年度160件超と過去最多に

奈良公園では、鹿せんべい以外の食べ物を与えないよう呼びかけている。ところが、その与え方によって、シカに噛まれたり突き飛ばされたりしてけがをするケースが多発している。

No image

奈良公園のシカ(Yanajin33さん撮影、Wikimedia Commonsから)

県などのまとめによると、公園を訪れた観光客が噛まれるなどしてけがをしたという通報は、2017年度は、18年1月末現在で164件に達した。これは、16年度より46件多く、過去最多になっている。

奈良を訪れる外国人観光客が年々増えており、164件の8割が外国人となっている。そのうち、8割を中国人が占めている。つまり、通報の過半数は中国人ということだ。

シカによるけがについては、県が立ち上げ、民間の鹿サポーターズクラブが運営する「奈良公園のシカ相談室」が問い合わせに応じたり、園内をパトロールしたりしている。室長の吉村明眞(あきまさ)さん(59)は2月8日、Jタウンネットの取材に対し、けがをするケースについてこう明かした。

「鹿せんべいをあげたときに、シカをじらすと噛まれますね。写真を撮ろうとしたり、小さな子供にあげさせたりするときなどです。さっさとあげて、怖いと思ったら、撒いてしまうのも手ですよ。中には、いつまでもシカにおじぎさせて、脇腹を噛まれたり、かわいいと思ったシカだけにあげて、横のシカに噛まれたりすることもありましたね」

シカに突き飛ばされるなどして病院へ行った結果、骨折につながったケースも中にはある。

「中国で狂犬病の死者が多いため、訴え出る人が多い」

しかし、シカ相談室の吉村さんによると、シカには牙がなく、上の前歯もないことから、指などを噛んでも血が出ることはまずない。けがは、シカに噛まれるケースがほとんどで、指をドアに少し挟んだような軽症が多いそうだ。

外国人観光客が被害に遭うのは、シカの知識があまりないこともあるが、中国人が多いのは、次のような理由ではないかと指摘した。

「中国の国内では、狂犬病で亡くなる人がまだかなり多いと聞いています。園内のシカは野生動物のため、狂犬病などの感染症が心配になるようですね。でも、園内では、過去にシカに噛まれて感染症になったことは一度もありません。けがをしたときは薬を持って行って説明するのですが、本当に大丈夫か心配になって病院へ行く人も多いんですよ。訴え出る人がかなりいるので、統計に出るのだと思います」

野生動物のシカについては、以前は、噛まれるなどしてけがをしても自己責任だとされた。しかし、2010年に平城遷都1300年を迎えたとき、韓国人観光客などもたくさん来るため、何か対策をしないといけないとして、県が奈良公園のシカ相談室を立ち上げた経緯がある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<平昌五輪>ぼったくり騒動の宿泊施設や飲食店が“がらがら状態”=韓国ネット「自業自得」「観戦は弁当持参で日帰り」
「診断書書いてくれず」医者刺した容疑 患者を逮捕
コストコ ハム詰め合わせから「リステリア菌」検出 回収へ
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
“神がかり”センター試験満点の日比谷高・現役生 サッカー部で...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加