綾瀬はるか「アクション楽勝」  短槍使いの用心棒役 3年「たくましくなった」

綾瀬はるか「アクション楽勝」 短槍使いの用心棒役 3年「たくましくなった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/14
No image

会見した(左から)鈴木亮平、綾瀬はるか、高良健吾=東京・渋谷のNHK

女優の綾瀬はるか(32)が13日、都内で行われた、主演するNHKの大河ファンタジードラマ「精霊の守り人~最終章~」(総合、25日スタート、土曜後9・00、全9回)の会見に登場した。

昨年3月、今年1月のシーズン1、2に続く完結編。来年1月の最終話まで足かけ3年、短槍使いの用心棒・バルサを演じてきた綾瀬は「大きな壁であり、新しい自分を引き出してもらった。性格に関わる大きな役で、より強く、たくましくなったと思います」と感慨深げだった。

本作のため2015年から本格的なアクション稽古を積み、放送中の主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」でも殺陣が話題になるほどに成長。今では「アクションも楽になりました。最終章は物足りないな、みたいな感じ」と笑わせた。

今回も“ラスボス”となる、俳優・高良健吾(30)演じる帝国の王子と激突。高良が泥んこになったとネタバレしてしまい、周囲を慌てさせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
石橋貴明の「マジギレぶり」に、視聴者ドン引き!?
イッテQ、まさかの「ドクターXコラボ」に視聴者大喜び!
『チェンクロ3』第3部開放1周年を記念した復刻レジェンドフェスの開催が決定!記念生放送も
広瀬すず、“流出騒動”の被害に! 1月期『anone』主演決定の裏で「事務所が大激怒」
元SMAP3人が72時間テレビで泣いた理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加