猫の街イスタンブール 野良猫と人間の優しい関係を描いた映画

猫の街イスタンブール 野良猫と人間の優しい関係を描いた映画

  • sippo
  • 更新日:2017/10/13
No image

古くから“猫の街”として知られるトルコ・イスタンブールの野良猫たちと、そこに生きる人々の幸せな関係を描いたドキュメンタリー映画「猫が教えてくれたこと」が11月から全国で順次公開される。

アメリカで当初1館で劇場公開したところ、評判を呼び130館まで拡大。興行収入270万ドルを超える大ヒットとなり、その後も20カ国以上での公開が決定した話題の猫映画だ。

主人公は、イスタンブールに住む個性豊かな7匹の野良猫たち。子猫のために市場の食べ物を狙う“サリ”、レストランのネズミ退治を生業にしている“アスラン”、礼儀正しい美食家の“デュマン”など、どの猫も人の生活の近くで、たくましく生きている。

No image

それぞれの猫に密着して撮影しているため、猫たちがどんな1日を過ごしているのかを身近に知ることができるのが、作品の魅力の一つだ。

猫たちをとりまく人々にも様々なドラマがあり、長年にわたって野良猫の世話をする男性は「猫への愛情を通じて、弱っていた心が回復した」と語る。自由気ままに暮らす野良猫たちに当たり前のように愛情を注ぐ人々の姿から、温かな気持ちがわいてくる。

近代化が進んだイスタンブールでは、野良猫の居場所は減ってはいるものの、商店街や港などで暮らす猫たちが、人々にとって欠かせない存在となっていることが、作品を通して伝わってくる。

No image

監督のジェイダ・トルン氏は、イスタンブールに生まれ、苦難の多い子供時代を野良猫とともに過ごした。監督は猫に近づくために、撮影監督とともに様々な“猫カメラ”の開発を試みたという。確かに、猫目線の映像が多く、まるで自分が猫になり、人々の足元でイスタンブールを探索しているような気持ちにもなれる。また、ドローンで空中撮影した映像では、猫ならではの少し危ない散歩道(?)を覗き見ることもできる。

美しい景色に溶け込む、たくましい猫たちの姿と、人間たちが織りなすドラマに癒されてみてはいかがだろうか。

『猫が教えてくれたこと』
2017年11月より、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA他全国順次公開
配給:アンプラグド
2016年/79分/原題:Kedi/アメリカ/5.1ch/ビスタ/カラー ©2016 Nine Cats LLC
公式HP:http://neko-eiga.com/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「マイティ・ソー」日本最速上映に宇野実彩子、PUNPEEがマーベルTで登場
新垣結衣「モニタリング」で男装!?逃げ恥の平匡ライトとのコラボに視聴者大興奮!
あの名女優が『007』セックスシーンで死にかけていた! 撮影現場でえらい目にあったハリウッド俳優たち
今度は広瀬すず! TBS『花より男子』再ドラマ化は来年4月......“F4”候補には竹内涼真、新田真剣佑の名も
なぜ人々は山田孝之に夢中になるのか?“ワクワク系俳優”の1年を振り返る ウシジマ&ヨシヒコの終幕...カンヌ目指しつつ“3社”起業も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加