文春記者が不倫現場のエピソード語る「SMAPを張り込んでいて...」<2016年新語・流行語大賞>

文春記者が不倫現場のエピソード語る「SMAPを張り込んでいて...」<2016年新語・流行語大賞>

  • モデルプレス
  • 更新日:2016/12/01

【2016年新語・流行語大賞/モデルプレス=12月1日】今年流行した新語・流行語を決める「2016ユーキャン新語・流行語大賞」(『現代用語の基礎知識』選)が1日、発表され、今年スクープを連発した週刊誌「週刊文春」による数々の不倫報道を指す「ゲス不倫」が選ばれた。

No image

(写真 : 「ゲス不倫」で受賞した週刊文春の記者 (C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】2016年新語・流行語大賞&トップテンは…

◆「ゲス不倫」が選ばれる

この日、授賞式に登壇した文春記者は「普段張り込みをしているため、今後に支障が出る」という理由で覆面姿で登場。本来は「取材対象者のベッキーさんや宮崎前衆議院議員さんに是非来ていただいてもらうべき賞」と話しながら「代表していただきます!」と受賞を喜んだ。

◆不倫現場のスクープ語る

「“次のスクープはもっと大きいんじゃないか”という、人々からのプレッシャーがある」という同記者の主なスクープに「とにかく明るい安村の不倫」を挙げ、「SMAPを張り込んでいて、ある程度うまく行った後、(安村の)情報が入ってきのたで行ってみたら(安村の不倫現場が)たまたま撮れてしまった」と振り返った。

司会者から「安村さんもこの報道で元気がなくなったのでは?」と問われたが「僕らも商売なので…来週、再来週も狙っていく」とさらなるスクープをほのめかすと、「夜道に気をつけてくださいね」とアドバイスを受けていた。

◆「2016ユーキャン新語・流行語大賞」

同賞は2015年12月1日から2016年11月30日までに発生した様々な新語・流行語の中から、より軽妙に世相を衝いたもの、また強烈なインパクトで世上に喧伝されたものに対して、その新語・流行語の発生源周辺の人物・団体を顕彰するというもの。本年度は第33回の開催となる。(modelpress編集部)

■「2016ユーキャン新語・流行語大賞」トップテン

トップテンは以下の通り※順不同

・神ってる(年間大賞)

・ゲス不倫

・聖地巡礼

・トランプ現象

・PPAP

・保育園落ちた日本死ね

・(僕の)アモーレ

・ポケモンGO

・マイナス金利

・盛り土

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長渕剛「乾杯」新バージョンに騒然 FNS歌謡祭「今年一番笑えた!」
再び...「フライデー」が成宮寛貴コカイン疑惑の詳報、具体的すぎる描写
成宮寛貴が電撃引退「消えてなくなりたい」全文コメ
『相棒』の頃から異変が... 成宮寛貴「薬物疑惑報道」の背景
テレ朝アナウンサー不倫報道に乙武洋匡氏「どの口が言ってんだよ」とブチ切れ! ネット上では賛否の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加