「将来カップルになるふたり」がしているおバカLINEトーク2つ

「将来カップルになるふたり」がしているおバカLINEトーク2つ

  • Menjoy!
  • 更新日:2016/10/20

男子とLINEをしていて、なにか“フィーリング”を感じるときはありませんか? もしかしたら、彼は将来のカレシかも!? 今回は『モテ女子になれるLINE恋活』の著者・塚田牧夫さんに、「こういうLINEをしているふたりは、将来カップルになる可能性あり!」という例をあげていただきました。

No image

1:下ネタ

塚田「下ネタからフォーリン・ラブ……というのは、よくある話です」

ー異性として意識していないから、下ネタを話すということもあるのではないですか?

塚田「少なくとも男子のほうは、“女として本気でナシ! 心の底からナシ!”と思っている相手には、下ネタなんて話さないはずですよ」

ーでは、女子からすると、どんどん下ネタを話したほうがいい?

塚田「うーん……。心の底からナシ!の女子でも、自分から話し出せば、相手はその下ネタにはのってくるでしょう。でも、それでアリ!に変わるのは、あまりないですかね。むしろ、下ネタを話させる雰囲気づくりを心がけたほうがいい」

デートに誘いやすくなる?

ー下ネタを話しやすい雰囲気づくり?

塚田「そうです。男子が女子に下ネタを話し出すのは、ちょっとした“からかい”も入っています。愉快に“からかいあえる”仲になれるよう、少しくだけた雰囲気をつくるといいですね。からかえる子は、デートにも誘いやすいですから。

LINEだと、そういう雰囲気はつくりやすいと思いますよ!」

2:失敗談

塚田「失敗談を話すことができるふたりも、カップルになりやすいのではないでしょうか」

ー失敗談?

塚田「“ストッキング破れてるの3日くらい気づかなかった……”とか。“ずっと同じの履いてるのかよ!”と言ってくれそうな男子だったら。

3日はなくてもいいですけど。“ストッキング破れてるの気づかなかった”は、少しおバカだけど、セクシーでもありますね」

ーなぜ失敗談がいいのですか?

塚田「心を許している感じが出ますよね。失敗談を話すと。あと、それに対する返信は同情やからかいが出やすいです。どちらも恋に効きますね。

前述の“からかいやすい雰囲気”は失敗談で出せますよ。“トイレの蓋をしたまましちゃった!”なんて下品すぎるのは逆効果かもしれませんけど」

LINEで使えるテクニック!

ーどんな失敗談がいいでしょう?

塚田「LINEだったら“間違えて送っちゃった!”と、相手に送るはずのトークを、他の男子に返信しているところをスクショ撮って送りつける、高度なテクニックがあります。好感を与えながら嫉妬させることができますね」

「下ネタ」と「失敗談」。これらをLINEでピコピコ送りあっているふたりは、将来カップルになる可能性が高いということでした。具体的なLINEのスクショテクニックも参考になりましたね。

普段から誘いやすさを出しておけば、嫉妬をおこさせることで、相手の背中をポンと押すことができます。ぜひ実践してみてください。

【取材協力】

※ 塚田牧夫・・・ライター。モテない中年。制作会社代表。家電、電子小物などガジェット系を専門に雑誌・ウェブで活躍する傍ら、遅すぎるモテ期を自らの手で到来させるべく、日夜モテる男子にモテ指南を受け、情報収集にいそしんでいる。著書に『モテ女子になれるLINE恋活』など。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
え...おいしいから!? 男性がお口エッチをする心理アレコレ5つ
マジ!? 「キスが体にイイ!」本当の理由・6つ
「お前最高!」挿入ナシでも、彼に気持ちよくなってもらう方法!
既婚女性に聞く「結婚前にやっておかないと後悔する5つのこと」
誰が買ったの? 女性が乗っていたらドン引く「車種」6タイプ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加