柵に突き刺されたサメの頭部発見...豪海難救助団体の事務所で

柵に突き刺されたサメの頭部発見...豪海難救助団体の事務所で

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/06/13
No image

豪シェルハーバーで、海難救助団体「マリンレスキューNSW」の事務所の柵に突き刺されたサメの頭部(2018年6月10日撮影、12日公開)。

【AFP=時事】オーストラリアの海難救助団体の事務所で10日、サメの頭部が柵に突き刺されているのが発見された。この残忍な行為に、ソーシャルメディア上では批判の声が上がっている。

シドニーから南に約100キロ離れたシェルハーバーにあるボランティア団体「マリンレスキューNSW」の事務所で10日朝、出勤した職員らが、たばこの吸い殻やごみが詰め込まれたアオザメの頭部を発見したという。

団体幹部のブルース・ミチェル氏はAFPに対し、「聞くのも初めてのこと」だと述べ、サメの状態はまだ新しいため、9日に捕獲された可能性があると説明。サメの体重は約70キロぐらいあっただろうとしている。

ミチェル氏によれば、緊急時などに船の救難活動に従事する同団体は脅迫などを受けておらず、警察にも通報していないという。

同団体はフェイスブックとツイッターにサメの頭の写真を投稿。「水上の救命活動に献身するボランティア職員にショックを与える」ものと非難している。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電子ビザでのロシア入国、有効期限切れで出国できないトラブル 入国8日目の出国に注意
【山口敏太郎の“UMA”ファイル】ライチョウの翼と足を持つウサギの未確認生物!?「スクヴェイダー」
若者の窃盗や飲酒運転などの犯罪が激減、なぜか?
8メートル超のヘビが54歳女性を丸飲みに(インドネシア)
池上さんが米朝首脳会談を振り返る「YOUは何しにシンガポールへ?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加