「食べ過ぎ防止」に役立つツボ&アロマで、さり気なく脱・冬太り!

「食べ過ぎ防止」に役立つツボ&アロマで、さり気なく脱・冬太り!

  • 美LAB.
  • 更新日:2018/01/12
No image

食べ過ぎ防止!!に役立つツボアロマ

こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。忘年会に新年会、イベントごとが多い冬…寒くて動くのもおっくうで、つい食べることが多くなりますね。今回は、食べ過ぎを予防するアロマとツボを知って、さり気なく『脱!冬太り』を実現する方法をご紹介いたします。

休み明けしばらくはチャンス!

気持ちも新たにスタートする新年。その気分が残り、気持ちも余裕がある休み明けしばらくは、食べ過ぎ防止&冬太り防止をするチャンスです。ストレスが少ないことも、ダイエットにはもってこいです。ストレスは、脂肪を溜め込みやすくするホルモンを出しますから、すがすがしい新年の気持ちと時間を利用して、ツボアロマを実践してみましょう。

No image

食べ過ぎ防止に役立つアロマ

自律神経の働きは、胃腸の働きに直結しています。自律神経の働きを正常に整えて、胃腸の働きを正常にしていれば、食べ過ぎにはならず、ストップが体からかかります。自然と、胃腸にいいものを欲し、体の調子が整うまでは、必要以上の食べ物を欲しいと思わなくなります。また、アロマ(香り)は、思考をはさまないうちに、かいで0.2秒で脳に伝わります。ですから、色々と葛藤する前に、脳がすっきりして神経の働きを整えてしまうのには、香りの力を使うのがおすすめです。アロマ(精油を買う際には、エッセンシャルオイルと名のついたものがおすすめです。天然成分でできているという目安になります。)の中でもおすすめはこちら。・柑橘系(グレープフルーツ、オレンジ、レモンなど)は、自律神経を強化し、胃腸の働きを整える効果が期待できます。・ハーブ系(ペパーミント)は、胃腸を正常に整えると言われています。・スパイス系(シナモンなど)も、胃腸の働きを促します。・フローラル系(カモミールなど)は、胃腸と精神を穏やかにし、リラックスさせてくれます。もし精油を手に入れられない場合でも、レモンを切ったものや、ハーブなどを手元に置いておくといいでしょう。もちろん食べてもOK。

No image

食べ過ぎ予防のツボ

それでは、食べ過ぎ予防のツボをご紹介します。●耳の「ふた」飢点というツボで、耳をふさぐ時に「ふた」になる部分をつまみます。●口角の外側口角の外側1cmの部分を指で押します。

No image

●耳つぼ耳全体をつまんだり軽く引っ張ったりします。胃腸の働きを整え、首や肩のコリをほぐし、精神をリラックスさせてくれます。●わき腹おへそから指の幅4本外側の部分を、肋骨の下から腰骨の上まで、ツボ押しします。自律神経と胃腸の働きを整えるツボです。

No image

おわりに

いかがでしたか?アロマの香りをかぐだけでも気持ちがいいものですが、さらにツボ押しはいつでもどこでもできて、食べる前などにも効果的です。気軽に心身を整えて、素晴らしい新年のスタートを切ってみてくださいね。

美宅 玲子ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター提供記事をもっと読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「砂糖は茶色の方が体に良い」派に激震? 「あさイチ」が示した「白」との差は...
【遺言でユーモア炸裂】亡き妻が夫に残した言葉「植木に水をやってね」に隠された衝撃の真実
専門家に聞いた!正しい姿勢で心も身体も元気はつらつ
マユツバのヤンキー武勇伝に猛批判!益若つばさの地元話に視聴者がドン引き
医者もやってるインフル対策が水を飲むだけで「簡単すぎ」と話題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加