“ゴジラ2世”ロッテ・安田 松井氏に匹敵の身体能力「こんな新人見たことない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/14
No image

新人合同自主トレで守備練習する安田(共同)

ロッテのドラフト1位・安田尚憲内野手(18)=履正社=が12日、“ゴジラ2世”の呼び名にふさわしい身体能力を見せた。

この日、新人8人による合同自主トレがスタートしたが、楠コンディショニング・ディレクターは驚きを隠せなかった。

「松井秀喜さんがあんな感じだったのではないでしょうか…」

06年からトレーニング部門を担当しており「(ロッテで)こんな新人を見たことがない。大学、社会人にもいなかった」と言う。

身体能力を測るテストが行われたが、特に際立っていたのが立ち幅跳び。「一番上位だった。全身のパワー。これはスイングにも通じる」と説明する。

安田は「体はできています。2月1日(のキャンプ)までにはベストにもっていきたい」と話し、約5時間の自主トレを終えた。

具体的な数値は公表しなかったが、超高校級の身体能力の高さだったのは間違いない。

目標とする「松井秀喜」の基礎はすでにでき上がっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
指打撲の日本ハム清宮、今日からキャッチボール再開
オリ・吉田正、室伏教授独自の紙風船トレ!故障防止へ初体験「斬新」
日本ハムD7・宮台、捕手座らせ24球「力みもあった」
巨人・坂本勇、満足沖縄トレ!運動量が「いつもより多かった」
あまり走るな!阪神が糸井にブレーキ、主に下半身のオーバーワークを制限
  • このエントリーをはてなブックマークに追加