山本直樹「分校の人たち」最終3巻、少年少女たちの秘密の時間に幕

山本直樹「分校の人たち」最終3巻、少年少女たちの秘密の時間に幕

  • ナタリー
  • 更新日:2018/02/15

山本直樹「分校の人たち」の最終3巻が、本日2月15日に発売された。

No image

山本直樹「分校の人たち」3巻(太田出版刊)

2010年から2017年にかけ、マンガ・エロティクス・エフ(太田出版)、ぽこぽこ、Ohta Web Comicにて発表された本作は、全校生徒が2人しかいない田舎の学校に通う男女と、途中から転校してきた少女が織りなすエロティックストーリー。3巻では周囲に隠れて肉体を重ね、秘密の時間を楽しむ3人の関係を男性教師が大きく動かす。また本編のほか、2003年に月刊IKKI(小学館)で発表された単行本初収録の「DOORS」も収録された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『ビッグコミック』50年前の創刊号を復刻 『空母いぶき』実写映画化も決定
西本英雄のルポマンガ「もう、しませんから。」復活、アフタヌーン編1巻
軍事マンガ「空母いぶき」実写映画化、2019年に公開
「魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?」マンガ版開始
2018年2月24日:本日発売のコミック新刊
  • このエントリーをはてなブックマークに追加