マーリンズ、ジーター氏の投資家グループへの売却で合意 球団社長が認める

マーリンズ、ジーター氏の投資家グループへの売却で合意 球団社長が認める

  • フルカウント
  • 更新日:2017/08/13
No image

元ヤンキースのデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】

サムソン球団社長がジーター氏らの投資家Gへの売却合意を認める

マーリンズのデビッド・サムソン球団社長が12日(日本時間13日)、元ヤンキース内野手のデレク・ジーター氏らの投資家グループに球団を売却することで合意したと認めた。MLB公式サイトが伝えた。

現地では現オーナーのジェフリー・ローリア氏が12億ドル(約1310億円)で売却することで合意したとの報道が出ており、MLB公式サイトによると、サムソン球団社長は現地11日に合意に至ったとしている。

ジータ―氏はニューヨークの実業家のブルース・シャーマン氏とタッグを組んで買収を進めてきており、同グループにはマイケル・ジョーダン氏も参加している。

マーリンズにはイチロー外野手、田澤純一投手らも所属するマーリンズ。ジーター氏らの球団経営が注目される。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
青木、途中出場で1打数無安打 チームは連敗
ダルビッシュDL入りは戦力に余裕の証拠!? ザイディGM「慎重な対処が大事」
家探しのダルビッシュにロバーツ監督が助言「渋滞を頭に入れておいた方が」
青木宣親、8回途中から右翼で出場、打席では遊ゴロ、チームは3-4で2連敗
チャップマンが守護神から解任と米報道、4試合連続失点で監督苦渋の決断
  • このエントリーをはてなブックマークに追加