西武・栗山、松井稼の復帰に「最年長にならなくてよかった」

西武・栗山、松井稼の復帰に「最年長にならなくてよかった」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/12/05
No image

西武・栗山巧

西武の栗山巧は5日、球団事務所で契約更改交渉を行い、減額でサインしたことを報告した。(具体的な金額については言及せず)

主将のポストを外れ、心機一転むかえた今季は若手の台頭もあって出場機会が減少。116試合の出場にとどまり、後半は代打が主戦場になった。

今季を振り返り、「チームが2位になって、ホームでクライマックスシリーズを戦えたのはファンの方にとっても良かった」と語る栗山。個人のことよりもチーム、そして応援してくれるファンのこと。その姿勢はこの場でも変わらない。

来季に向けて、松井稼頭央が復帰することについては、「僕たち(=中村剛也)が最年長にならなくてよかった」と笑顔。「入った頃は雲の上の存在。間近で動きを見ることができる、それだけで大きいと思う」とその存在の大きさについても語った。

球団からは「要所要所で勝負強さを発揮してくれた」と言ってもらったと言うが、本人としては納得できるシーズンではなかっただろう。もう一度スタメン、レギュラーとして勝負すべく、プロ17年目のシーズンに挑む。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神D1・馬場、雑草魂の決意!仙台大の激励会で監督にOBに感謝
大谷獲得のエンゼルスが「勝ち組1位」!米名物記者が格付け発表
「通算1千試合登板」の大記録まで残り46試合──中日・岩瀬仁紀が江夏豊に語った投球フォームの一新
妻・詩織さんが明かす「石井琢朗が広島からヤクルトに移籍した理由」
阪神ドラ1馬場 甲子園ヤジ歓迎 鋼のメンタルで虎党“名物”力に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加