ネイマール パリSGデビュー13日か 国際移籍証明書届く

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/12

バルセロナ(スペイン)からパリ・サンジェルマン(フランス)に史上最高の移籍金2億2200万ユーロ(当時約291億円)で移籍したブラジル代表FWネイマール(25)が、13日(日本時間14日)のリーグ第2節アウェー・ギャンガン戦でデビューする見通しとなった。

フランス協会は11日、公式ツイッターでスペイン協会からネイマールの国際移籍証明が届いたことを発表。フランス協会はAP通信に、ネイマールは11日中に移籍が正式に承認され、13日のギャンガン戦に出場できるだろうと説明した。

パリSGのエメリ監督は11日の会見で「(ギャンガン戦の)メンバーに入って、先発してほしい。練習で調子がいいし、戦術、セットプレーも確認しており、準備はできている」とネイマールを先発起用する見通しを明かした。

ネイマールは3日に5年契約でパリSGに加入したが、スペイン協会から国際移籍証明書が届かず、5日のリーグ開幕節アミアン戦に出場できなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハメス離婚の理由は“神ボディ”を持つロシア人モデル!? 各国メディアの報道過熱
セリエA初導入のVARが開幕戦で威力発揮 主審のノーファウル判定を覆しPK宣告
チチャリートに大苦戦も...サウサンプトン吉田、ロスタイムにPK獲得で劇的勝利に貢献
Cロナウドが怒り爆発。退場時スタンドめがけ「そうやってお前らは...」
レスター岡崎が開始50秒でゴール! こぼれ球を押し込み2試合連発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加