阪神・岩貞、最速148キロも2回2失点で反省「しっかり抑えたかった」

阪神・岩貞、最速148キロも2回2失点で反省「しっかり抑えたかった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/15

(ウエスタンリーグ、オリックス8-6阪神、14日、舞洲サブ)阪神2軍は14日、ウエスタン・オリックス戦(舞洲サブ)に6-8で敗れた。先発の岩貞祐太投手(26)は2回を3安打2失点。高山俊外野手(24)は4打数2安打2四球だった。

岩貞は先発で予定通りの2イニングだったが、納得の投球はできず。一回は無失点も二回に味方の失策も絡んで2点を失った。「クイックのところで、もうちょっと丁寧に投げるべきでした。2イニングをしっかり抑えたかった」と反省。それでも直球は最速は148キロを計測。「ポンポン抑えてほしかったね。でもボールの質はよかったから」と掛布2軍監督。藤浪、岩田が抹消されたなか、青柳とともに1軍昇格候補だ。

No image

先発の阪神・岩貞=舞洲サブ球場(撮影・須谷友郁)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広島、ビールかけTシャツに長蛇の列 1万枚以上売れる
鷹モイネロ負傷、復帰時期次第でリリーフ陣に影響も 起用法に再考の余地?
すごくハミ出てます...... “カープ女子” 菜乃花、リーグ優勝をギリギリビキニで祝福!
阪神二軍監督“解任”の掛布雅之氏が「金本を潰す!」と、他球団に怒りの売り込み
阪神・糸井、謎の進軍ラッパ「ジャンヌ・ダルク」で日本一へ大逆転だ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加