紀平梨花は4位 9日フリー大技2発で逆転優勝狙う ジュニアGPファイナル女子SP

紀平梨花は4位 9日フリー大技2発で逆転優勝狙う ジュニアGPファイナル女子SP

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)ファイナルは7日、愛知・名古屋市ガイシプラザで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(15=関大KFSC)は自己ベストの66・82点をマークして、4位発進した。

No image

ジュニア女子SPで4位の紀平梨花

14歳で出場した昨年のファイナルは緊張感に負けて4位。「昨年はすごい不安があって緊張感がありすぎた」と言うが、1年が経過した今年は違う。「ジャンプのことだけ考えたら緊張せずにできた」。ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)、3回転フリップ―3回転トーループ、3回転ルッツを着実に決めた。

9日のフリーではトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に2度挑む予定。トリプルアクセル―3回転トーループの連続ジャンプを決めれば、国際連盟公認大会で女子初の快挙だ。「フリーではトリプルアクセルをリラックスして、集中して決めたい。日本開催なので表彰台や優勝を狙っていきたい」。73・25点で首位のアレクサンドラ・トルソワ(13=ロシア)とは6・43点差。2発の大技で、頂点への道を切り開く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦「捻挫よりも治りが長引く」負傷状態明かす
羽生結弦を元気づけたトロント住民からの“粋なサプライズ”
羽生「治り長引く」右足首じん帯損傷 近く氷上練習は再開へ
オードリー春日、エアロビ全国大会でメダル獲得!競技開始わずか6カ月で快挙達成
羽生結弦 氷上練習再開へ 調整期間1週間 厳しい状況も...全日本出場あきらめない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加