NHK朝ドラ葵わかな、成長した隼也役成田凌に感慨

NHK朝ドラ葵わかな、成長した隼也役成田凌に感慨

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/11
No image

落ち着いた着物姿で新春会見にゲスト出席した葵わかな

NHK連続テレビ小説「わろてんか」で、ヒロイン藤岡てんを演じている葵わかな(19)が11日、大阪市内で、同大阪放送局の新春会見にゲストとして出席。残り約2カ月となった長丁場収録に「残り2カ月は寂しいですが、最後まで悔いが残らないように演じきりたい」と話した。

この日は、収録の合間を縫って、すっかり「お母さん」の装いで、着物姿で登場。最近の収録では、実年齢では5歳上の俳優成田凌(24)が、1人息子として出演。成田を“息子”として演技を続けている。

「最初に(成田のキャストを)聞いた時は本当にびっくりして、ああ…どうしようと思いました」。笑いながら振り返り、成田とは現場で「お芝居の距離感や、セリフの言い方で(親子関係を)表現していけたらいいよねと話しました」と明かした。

そのかいあってか、成田は収録合間の現場でも、葵を「お母ちゃん」と呼ぶそうで、葵は「あんなに小さかった隼也(息子)が、ドラマの時代にあわせて、成長していくので、もう(息子役は成田で)6人ぐらい。小さい頃から面倒見てきた子が、あんなに背の高い男前になって…」と感慨深げ。成田との初共演時には「すごくうれしいというか、ぐっと来るものがありました」と話していた。

また、この日の新春会見では、毎年恒例の「平成30年成田山節分祭」(大阪成田山不動尊)に参加することも発表。例年、大阪成田山の節分祭には、朝ドラのヒロインはじめ、主要キャストが登場している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小室哲哉「疲れ果ててしまった」 妻・KEIKOは「女性というより女の子に」
フジ山崎アナが自宅公開、女子アナらしくない部屋の装いに視聴者感激
ハル・ベリー、“ノーパン”シースルードレスでお堅い授賞式に登場! ドレス越しの盛りマンに世界が興奮
「私のほうがもっと岡村さんのこと大好きっ!!」 酒井若菜、岡村隆史めぐりファンと張り合う
本田翼、波瑠...裏話暴露で炎上した女優4人! 「一体何様?」「度を過ぎた暴露で品がない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加