朝一杯のフレッシュなオレンジジュースがある幸せ【Editor’s Eyes Vol.64】

朝一杯のフレッシュなオレンジジュースがある幸せ【Editor’s Eyes Vol.64】

  • TOKYO WISE
  • 更新日:2017/11/14

Editor’s Eye

2017.11.14

Editor’s Eye

No image

なんで、朝一のオレンジジュースが 東京にはないのか?

誰にでも経験があると思うのだが、海外に出かけた時に朝食ではまず最初に、一杯の搾りたてのオレンジジュースが出て来る。その一杯が朝食の始まりというわけだ。これは日本のホテルに泊まった時も、ほぼ同じ。

ニューヨークでは、街のデリにはオレンジを山積みにしてあったりして、その場で搾りたてのジュースを飲んで、サァ出勤という光景も見られる。

で、ここ東京。なんとなく朝一杯のミルクというのは、子供の頃の記憶としてはあるが、フレッシュなオレンジジュースというのは意外に登場しない。なぜかというと、面倒臭いとか、いきなりコーヒースタートというのが習慣化しているからかな、とも思う。

そこで新習慣にしたい <ストレート・オレンジジュース>

でもね、朝一杯のフレッシュ・オレンジジュースを飲んでみると、やけに気分が良くなるんですよ。フルーツを剥いたりとかの面倒なしに、この快感を堪能できるならいうことなしだと思うんだが、と思っていたら、帰りがけのセブンイレブンで発見したのがこれ、<Zü Premium>という変わった名前のジュース(ジュースという呼称は、正式には100%果汁以外のものには使えないのだという!)。

しかも、濃縮果汁還元(いったん果汁を濃縮して輸送し水を加えて戻した)という再生産型の100%ジュースとは違い、ほぼ絞った状態のままのストレートなジュース。で、実飲してみるとうまい!オレンジのつぶつぶ感が残ったままで、酸味も抑えめ。量も250mlというちょうど飲みきりサイズ。

やはり、ストレートのほぼ搾りたて感にはかなわないです。ま、大慌ての朝もサクッと一本で、ギリ朝食抜きでも頑張れる気がする。ちなみにこのZüシリーズには4種類あるそうで、バナナなど数種のフルーツが入ってボリューム感ある<スムージー>も朝食向き。ライムとグレープフルーツの2種の<レモネード>は、すっきり感があり、朝やランチ後ぱきっとしたいときにいいかなという感じ。

いずれにせよ、フレッシュなストレート・オレンジジュースを毎朝の習慣にしてみる、というのが東京の新習慣になると、ちょっとは健康的な朝を迎えられるのではないかと、こっそり思うのだった。

(Text:Y.Nag)

<関連記事>
▪︎気になる“ジュースクレンズ”、3大ブランド比較をやってみた
▪︎「人は見た目が100%」ってホント? 美的印象を変える方法とは【TOKYO REAL BEAUTY Vol.10】
▪︎『ジュースクレンズ、バスソルト、トリートメントで、春は贅沢徹底デトックス!』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
40種類以上のお寿司が食べ放題の福袋 制限時間は60分間
「アパ社長カレー」専門店に行ってみた!店内には華麗な社長の帽子...味はいかに?
エンケイどうした......? 世界的ホイールメーカーが新規開発した「餃子」の謎
レトルトカレー専門店『カレーランド』で見つけた珍カレーを食べ比べ
【マツコも満喫♪】知れば食べたくなる「地元パン」~マツコの知らない世界から~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加