「ブラック企業大賞」ノミネート企業発表 どこが選ばれた?

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2016/12/01

ブラック企業大賞企画委員会は12月1日、“今年1番のブラック企業”を決める「ブラック企業大賞2016」のノミネート企業を発表した。新入社員の過労死が発生した電通や、パワハラ問題が明らかになった日本郵便などがノミネートした。

結果は12月23日に発表される。ノミネート10社と、主な選定理由は以下。

エイジス(長時間労働)

電通(過労死)

ドン・キホーテ(長時間労働)

プリントパック(従業員の死亡事故、長時間労働、組合との敵対)

関西電力(過労死)

佐川急便(ハラスメント)

サトレストランシステムズ(長時間労働、残業代未払い)

宗教法人 仁和寺(長時間労働、賃金未払い)

ディスグランデ介護(賃金未払い)

日本郵便(ハラスメント)

ブラック企業大賞は、「労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いている」「パワーハラスメントなどの暴力的強制を常套手段として従業員に強いる体質を持つ」企業や法人をブラック企業と定義。ブラック企業を見極める指標として、「長時間労働」「セクハラ・パワハラ」「いじめ」「制度の不備」「派遣差別」などを挙げている。

ブラック企業大賞は、2012年に立ち上がった賞。12年は東京電力、13年はワタミフードサービス、14年はヤマダ電機、15年はセブンイレブンジャパンが大賞に選ばれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
止まらないC言語の下落 - 12月言語ランキング
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰
アイドルオタク、調査結果にブチ切れ 「年8万円消費」で済むわけないだろ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加