これさえなければ結婚したい! 彼が踏み切れない「ハードル」5選【実録】

これさえなければ結婚したい! 彼が踏み切れない「ハードル」5選【実録】

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2017/12/06
No image

今の彼氏と結婚を考えているのに「なかなかプロポーズしてくれません」と、悩んでいる女子もたくさんいます。

とっくに適齢期を迎えているのに、なかなか彼が結婚に踏み切ってくれないのは、見えない「ハードル」が関係していることもあるようです。

今回は、「今の彼女とは結婚しないかも……」とこっそり教えてくれた男子たちから聞いた、彼女に対して「これさえなければ結婚したい!」と思ってしまう、結婚に踏み切れないハードルを5つご紹介します。

1. 彼女の実家と自分の実家がとても遠い

「彼女の実家は秋田で、僕の実家は福岡です。

東京に来てから知り合ったんですが、ちょっとした部分でなんとなく文化の違いを感じているのと、結婚後に帰省となると、遠いから大変だろうなと密かに思っています。

親は、できれば地元の子と結婚してほしいみたいだし、今の彼女のことは好きなんですが、結婚となると考えてしまいます」(30歳・会社員)

この男子は、結婚してから長期休暇のたびにお互いの実家を行き来すれば、移動費だけでもバカにならないので、この辺りも気になっているようでした。

2. 収入差による不安

「今付き合っている彼女って、俺より稼いでいるっぽいんですよね。

まだお互いの年収は明かしあっていませんが、ポジションとか勤務先の規模とか考えると、多分、俺よりも少し多く稼いでいると思います。

俺は、結婚後には妻に専業主婦になってほしいタイプなので、今の彼女と結婚したあと、自分の稼ぎでやっていけるか不安で、彼女との結婚を具体的にイメージできません」(29歳・会社員)

共働き夫婦はたくさんいますが、自分より稼ぐ妻はイヤだなって思ってしまう男性の心理は、やはり「男のプライド」なのでしょうか。

3. 仕事が好きそうだから家のことがちゃんとできるのか?

「彼女、すごく仕事が好きみたいで、“急な仕事が入ったから”って、デートをドタキャンされたことも何回かあります。

自分の仕事を大事にしている姿は嫌いじゃないんですけど、いざ結婚したら、家のことをちゃんとできるのかという不安があります。

今の彼女と出会う前からずっと“キャリアウーマンとは結婚したくない”って思ってきたんで、彼女のことは大好きですが、結婚は考えられないのが正直な気持ちです」(32歳・経営者)

結婚が具体化すれば、キャリアを重視してきた彼女も色々と悩んでしまいそうですね。

4. ずっと愛し続けられるほどの自信がない

「正直言って、今の彼女のことを、ずっと愛し続けられるほどの自信がありません。

もちろん、好きは好きなんですけど、結婚って、死ぬまでずっと一緒にいるのが前提になりますから、そうなると自信がなくて、なかなか結婚に踏み切れません。

“コイツとなら!”って思えないのは、それほど好きじゃないからなのかと悩んでいます」(34歳・販売員)

これは、言い換えれば「彼女に魅力がない……」と言われているようでもあり、かなり辛辣な意見です。

5. 彼女の飼っているペットが苦手

「彼女は猫を飼っているんですけど、俺は、そんなに猫が好きじゃないから、一緒に暮らすのは難しいって思っています。

ついこの前、彼女から同棲を提案されたんですけど、猫のことが引っかかって、“うん”とは言えなかったです。

彼女は、その猫をとても大事にしているので、本当のことを言ったら傷つけてしまいそうで、言えていません。

でも、いつか言おうとは思っています」(37歳・フリーランス)

なかなか結婚に踏み切れない男子たちには、人には言いにくい「これさえなければ……」と思っていることもあるようですね。

一つひとつは、些細なことのように聞こえても、結婚するとなるとずっと一緒に暮らすわけですから、当人にとってはなかなか覚悟が決められない、大きなハードルになっているのかもしれません。

(mimot.(ミモット))

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
結婚相手に“選んではいけない”男性の特徴
血液型【お泊りデート】あるある A型は自分のいびきが心配で気が気じゃない!?
結婚後もラブラブの夫婦が毎日していること
復縁こそが、真実の愛の証? #深夜のこっそり話 #881
  • このエントリーをはてなブックマークに追加