最新ランキングをチェックしよう
サメ漁用のもりが顔に突き刺さる...男性無事生還 イスラエル

サメ漁用のもりが顔に突き刺さる...男性無事生還 イスラエル

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/02/15

ブラジルのアマゾン地域で、もりを使って魚を捕る漁師(2017年9月17日撮影)。

【AFP=時事】イスラエル北部の港町で、サメ漁に使われる銛(もり)を顔に刺された男性(28)が、病院で無事に抜いてもらい助かった。銛の長さは60センチあったという。医師が13日、明らかにした。 男性の治療を行ったイスラエルのハイファにある病院の医師は「奇跡だ」と述べ、「あと数センチずれていたら助かっていなかった」と

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小室家と神道系新興宗教の関係を週刊新潮が報道
来年5月に新天皇即位「死刑囚と恩赦」の闇深きベール(3)死刑囚の減刑がなくなる潮流
  • このエントリーをはてなブックマークに追加