ジョージ・クルーニー「世界の終わりの天文台」映画化で主演・監督・製作!

ジョージ・クルーニー「世界の終わりの天文台」映画化で主演・監督・製作!

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2019/06/26
No image

ジョージ・クルーニー - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

映画『オーシャンズ』シリーズなどのジョージ・クルーニーが、Netflixが手掛ける映画『グッドモーニング、ミッドナイト(原題) / Good Morning, Midnight』で主演・監督・製作を務めるとDeadlineなどが報じた。

本作は、クルーニーが自身の制作会社スモークハウス・ピクチャーズを通して、アノニマス・コンテント、シンディケイト・エンターテインメントと共同製作し、作家リリー・ブルックス=ダルトンの著書「世界の終わりの天文台」を基に映画化を進めている作品。脚色は、映画『レヴェナント:蘇えりし者』のマーク・L・スミスが担当する。

原作は、人類が終末を迎える中、最後の撤収便に乗らず、北極圏の天文台に残ることを選んだ孤独な老学者オーガスティンと、帰還途中だった木星探査船の乗組員サリーのそれぞれのストーリーが展開する。オーガスティンは取り残された見知らぬ幼い少女とふたりきりの奇妙な同居生活を始め、一方サリーは、地球からの通信が途絶えて不安に駆られながらも、仲間たちと航行を続けていく。

クルーニーがオーガスティンを演じ、今年10月から撮影に入るようだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「京アニに祈りを」世界に拡散=影響大きく、支援金1億円突破
「ペット2」マックスたちが“ハッピーセット”のおもちゃに!仕掛け満載のフィギュア全10種
ガチ体験:「パイレーツ・サマーバトル」は容赦なく濡れるぞぉお! 下着はもちろんコンタクトが吹き飛ぶほどの水量でしたっ!
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」特報第2弾公開、冒頭10分にはいないシンジ・アスカ・レイ・カヲルの姿も
ベッドの下で初恋の女性を見守る純愛系変態男!! 高良健吾主演のR18作『アンダー・ユア・ベッド』

映画のランキング

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加