最新ランキングをチェックしよう
低磁場MRIでがんの悪性度を検知できるナノマシン造影剤 - iCONMなどが開発

低磁場MRIでがんの悪性度を検知できるナノマシン造影剤 - iCONMなどが開発

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/05/18

ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)は5月17日、がん内部の微小環境で、治療抵抗性を持つ悪性度の高いがん細胞が存在する「腫瘍内低酸素領域」を、高感度でMRIにより可視化できるナノマシン造影剤を開発したと発表した。
同成果は、ナノ医療イノベーションセンター 米鵬 主任研究員、片岡一則 センター長(東京大学政策ビジョン研究センター・特任教授)、東京工業大学科学技術創成研究院 西山伸宏 教授(ナ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「オウムアムア」は宇宙人の探査機?ホーキング博士率いるグループが調査
木曜深夜にNASAが超重大・緊急発表!! 「ケプラー宇宙望遠鏡」が宇宙人のメッセージ受信、AIが解読成功の歴史的快挙か!?
万有引力発見のニュートン 子供時代の秘密の落書き見つかる 英国
iPS細胞・山中伸弥教授のノーベル賞受賞、医学界で囁かれる理由
コレジャナイ感!ティラノサウルスの最新想像図が公開される!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加