最新ランキングをチェックしよう
低磁場MRIでがんの悪性度を検知できるナノマシン造影剤 - iCONMなどが開発

低磁場MRIでがんの悪性度を検知できるナノマシン造影剤 - iCONMなどが開発

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/05/18

ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)は5月17日、がん内部の微小環境で、治療抵抗性を持つ悪性度の高いがん細胞が存在する「腫瘍内低酸素領域」を、高感度でMRIにより可視化できるナノマシン造影剤を開発したと発表した。
同成果は、ナノ医療イノベーションセンター 米鵬 主任研究員、片岡一則 センター長(東京大学政策ビジョン研究センター・特任教授)、東京工業大学科学技術創成研究院 西山伸宏 教授(ナ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界初。超小型のロボットを飲み込んで胃潰瘍を治すマウス実験に成功(米研究)
わずか4g、世界最小の人工衛星が宇宙へ! - 目指すのは星間飛行の夢
思い込みはどうして起こるのか? - 順天堂大が脳内機構を解明
Googleが発見した、最も成功しているチームに共通する5つの特性
科学界で話題!発見者も信じられなかった劇的効果の最新「肥満治療」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加