最新ランキングをチェックしよう
低磁場MRIでがんの悪性度を検知できるナノマシン造影剤 - iCONMなどが開発

低磁場MRIでがんの悪性度を検知できるナノマシン造影剤 - iCONMなどが開発

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/05/18

ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)は5月17日、がん内部の微小環境で、治療抵抗性を持つ悪性度の高いがん細胞が存在する「腫瘍内低酸素領域」を、高感度でMRIにより可視化できるナノマシン造影剤を開発したと発表した。
同成果は、ナノ医療イノベーションセンター 米鵬 主任研究員、片岡一則 センター長(東京大学政策ビジョン研究センター・特任教授)、東京工業大学科学技術創成研究院 西山伸宏 教授(ナ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ミッドウェー海戦は、日本人が生んだ技術に日本が敗けた戦いだった
AIがディープラーニングで生成した絵がクセになる美しさ
クジラはごく最近急激に大きくなった、その理由とは?
なぜ50歳女性が駅で一晩過ごさなければならなかったのか
木星の色が鮮明に NASAが画像を公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加