Apple Watch Series 3のデジタルクラウンを「赤」以外にする方法

Apple Watch Series 3のデジタルクラウンを「赤」以外にする方法

  • iPhone Mania
  • 更新日:2017/09/16
No image

9月15日より予約が開始されたLTE通信対応のApple Watch Series 3ですが、これまで発売されていた2モデル、そしてLTE非対応版と区別するため、Series 3のLTE対応版に限っては、リューズ(Digital Crown)の部分が赤くなっています。しかし、サードパーティー製のステッカーを使えば、赤以外の色に変更することも可能です。

Digital Crownは赤だけじゃない!

WatchDotsが9.99ドル(約1,100円)で用意しているステッカーを使えば、Digital Crownのみならず、サイドボタンも好みの色に変えることができます。

No image
No image

Apple Watch向けバンドのカラーバリエーションと同じトーンの色が用意されており、ステッカーを貼り付けてもまったく違和感がありません。もちろん、単なるシールではなく、5~8年の耐久性を誇る特殊なビニールが用いられています。

注目すべきは、Apple Watch Series 3が登場する以前、初代Apple Watchが発売された2015年から、WatchDotsはこのステッカーを売り出していた点です。2年が経過して、時代がようやく追いついたということでしょうか。

デバイス全体のデコレーションも可能

もちろん、Apple Watch用のステッカーはこれだけではありません。

Apple Watch全体をデコレーションしたいというのであれば、SlickWrapsが8.95ドル(約990円)で、Digital Crownだけでなく、筐体も合わせて好きなカラーに変更できるステッカーを販売しています。

No image

こちらは、従来のApple WatchよりもSeries 3がわずかに分厚いということもあって、専用のステッカーが新発売される予定です。バンドだけではApple Watchで個性を出せない、と考えているのであれば、これを機会に自分好みにカスタマイズしてみるのもアリかも知れません。

Source:WatchDots,SlickWraps,AppleInsider

(kihachi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iOS11でOutlookなどからメール送信できない問題、AppleとMSが取組中
ひと目では分かりにくいiOS 11の15の小技
【iPhone8】新色は “ブラッシュゴールド” 確定か / Apple公式の意味深な発表に「信憑性が高まった」と大注目!
【衝撃事実】iOS11には「iPhoneSE」で使えない新機能がある! その理由が意外すぎてアップルに脱帽
主要格安SIMサービス、「iOS11」のSIM動作確認結果を公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加