玉木宏 殺人者に...難役挑戦の陰にあった“あのドラマの呪縛”

玉木宏 殺人者に...難役挑戦の陰にあった“あのドラマの呪縛”

  • 女性自身
  • 更新日:2018/01/13
No image

玉木宏(37)の主演映画『悪と仮面のルール』が1月13日、公開される。

本作で“悪になるために生まれた殺人者”という難役を熱演している玉木はスポーツ紙の取材に対し、「特殊な映画で、勝負したいと思えるような作品なので、多くの人に観ていただきたいと思います」と語っている。

玉木が「勝負したい」と意気込むのには理由があるという。

ドラマ『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)で“千秋先輩役”として出演し、大ブレイクを果たした玉木。いまだに「千秋先輩」と声をかけられることもあるという。そのイメージから「まだ抜け出せていないのでは」という苦悩を、明かしているのだ。

「まだ自分は、あのときを超えられていないのかと思ってしまうんですよね。また次に新しいものが生まれれば、イメージは塗り替えられるという思いがあります」

たしかに近年は、そのイメージを覆すような役どころを演じている。

たとえば昨年末に放送された松本清張原作ドラマ「鬼畜」(テレビ朝日系)では、愛人との間に3人の子どもを作る男を“怪演”。“ドロドロ愛憎劇”にもかかわらずクリスマスイブに放映されたことでも話題を呼ぶとともに、Twitterでは玉木の演技力にも注目が集まっていた。

《玉木宏クズ男の演技うまいなぁ〜!》

《玉木宏にのだめの頃の面影ナッシング》

《スタイル良い美形はクズ男に役がよく映える リアルにいそう》

これからも、新しい表情を見せてほしい!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
過激こじるり「8〜9割は埼玉行かずに一生終える」
カンニング竹山、不倫相手がいることを堂々告白 不倫を咎める人に「気持ち悪い」
辻希美さん、子供のウインナーをブログにアップし炎上!
芦田愛菜は学校生活で好感度上昇!?「美女&イケメン化」に成功した元子役3人
『さんま御殿』に出演の益若つばさ 「顔が違いすぎる...」とネット騒然
  • このエントリーをはてなブックマークに追加