お疲れ女子におすすめ! バスタイムはやわらかい明かりでヒーリング

お疲れ女子におすすめ! バスタイムはやわらかい明かりでヒーリング

  • レタスクラブニュース
  • 更新日:2017/08/13
No image

たまにはのんびり入浴しませんか

家事に仕事に子育てに、毎日がんばっている自分に、たまにはごほうびをあげましょう。いつもは子どもと一緒で慌ただしくなりがちなお風呂も週1回、月1回でもいいからゆっくり入りませんか?

【写真を見る】アロマキャンドルでスパ感覚のバスタイムを楽しんで

好きな香りに包まれたり、丁寧に肌やボディをケアしたり…心も体もリフレッシュすれば、明日からまた家族のために笑顔でいられます。ダイエットエキスパートの和田清香さんが、心も体もほぐすリラックス法を教えてくれました。

■ 【やわらかい明かりで心をほぐす】

暗がりの中で揺れる小さな光は、それ自体が癒しに。電気を消して、ぼーっと眺めているだけで、副交感神経が優位になり、リラックスする効果があります。湯船に浮かべられる電池式のミニライトや、アロマポット兼用のバスライトなど、明かりでバスタイムをランクアップさせて。

●キャンドル

香りがあるものをチョイスすれば、視覚と嗅覚の両方から癒しにアプローチ。スパ感覚でお風呂タイムが楽しめます。

●プラネタリウム

バスルームが一瞬にして星でいっぱいになる、浴室用のプラネタリウムも人気。満天の星に包まれて入浴を。

夏の疲れがたまった体を癒すには、のんびり入浴がぴったり。スパやエステに行かなくても、自宅で簡単に、しかも贅沢に自分を甘やかしてあげられます!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「今日は思う存分エッチ三昧!」昼間エッチのメリットとは
「ビーチに寝ころんだら...島とシンクロしてしまった!」完全に一致している写真
元報道記者が語る!テレビは観るよりも出たほうがいい
高須院長、韓国の整形美人はなぜ同じ顔なの?
「認知症の親」の銀行口座 お金はどうやって降ろせばいいのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加