【ディズニー】夏本番! パーク名物「燦水!サマービート」で盛り上がれ!<城前編>

【ディズニー】夏本番! パーク名物「燦水!サマービート」で盛り上がれ!<城前編>

  • シネマカフェ
  • 更新日:2017/08/12
No image

「燦水!サマービート」

もっと画像を見る
夏本番の東京ディズニーランドでは、夏のスペシャルイベント「ディズニー夏祭り」を今年も元気いっぱいに開催中だ。新しい夏のエンターテイメントである「燦水!サマービート」もゲストに大好評のようで、大量に降り注ぐ水しぶきを浴びれば、猛暑も吹っ飛ぶ楽しさ! そこで今回は「シンデレラ城前」を中心に「燦水!サマービート」をレポート。

■日本の夏祭りをイメージした「燦水!サマービート」

新しい夏のエンターテイメント「燦水!サマービート」は、日本の夏祭りをイメージしたプログラム。シンデレラ城前からパレードルート全体で、色鮮やかなフロートに乗ったミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、お祭りムードを盛り上げる。太鼓や笛などの和楽器で夏祭り風にアレンジしたディズニーソングが流れ、大量の水しぶきを浴びながら楽しめる清涼感いっぱいの参加型ショーで、小学生以下のキッズエリアもある。

■ディズニーの仲間たちが10人登場! 総勢約65人のにぎやかなプログラム

登場キャラクターは、ミッキーマウス、ミニーマウス、プルート、グーフィー、マックス、ドナルドダック、デイジーダック、チップ、デール、クラリスの10人。ダンサーさんだけのフロートも含めて5台のフロートに、ディズニーの仲間たちが分かれて乗って登場する。総出演者数、約65人のにぎやかなプログラムで、1回は20分ほど、1日3回公演している。

■5台のフロートが交互に移動 ディズニーの仲間たちと夏祭りを一緒に楽しめる

5台のフロートはシンデレラ城前やパレードルート各所に停止して、大量の水しぶきと掛け声や手拍子を繰り広げ、ゲストと一体になって祭りを盛り上げる。各フロートは公演の間、同じ場所にずっと停止しているわけではなく、一定の間隔を置いて移動するので、さまざまなディズニーの仲間たちと夏の祭りを一緒に楽しめる。鑑賞ごとにエリアを変えてみて。

■鑑賞は立見スタイル 大量の散水で滑りやすいので、足元にはご注意を!

「燦水!サマービート」は大規模な散水ショーであるため、鑑賞場所によっては大量の水しぶきが降り注ぐエンターテイメントだ。その上、立見での鑑賞になるので、たとえば裏が滑りやすい履物は要注意。安全確保のため、傘の使用、肩ぐるま、裸足になるなどの行為は止めて、安全に楽しく「燦水!サマービート」を鑑賞して。

※上記のメニューやグッズは、デザイン・価格の変更や、品切れとなる場合がございます。
※写真はすべてイメージです。過去の取材時に撮影した画像を再利用することがあります。

(C) Disney

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
伝説のJAZZギタリストの真実 『永遠のジャンゴ』公開決定!
8月20日の注目映画第1位は『身体を売ったらサヨウナラ』
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が『君の名は。』を超える10の理由
戸次重幸、妻・市川由衣が妊娠中に「父親の自覚は芽生えていた」
たった300人のジェダイが、6万人の中世の騎士軍に挑む!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加