豪州トヨタ、「ハイラックス」のタフなイメージをさらに高めた3種のトリムを発表!

豪州トヨタ、「ハイラックス」のタフなイメージをさらに高めた3種のトリムを発表!

  • autoblog
  • 更新日:2018/01/15
No image

【ギャラリー】Toyota Hilux Rugged X, Rugged and Rogue11

トヨタのミッドサイズのピックアップ・トラックで定評のあるモデルと言えば、北米では「タコマ」だが、その他の地域では「ハイラックス」だ。ハイラックスは何十年にもわたって世界を席巻してきた。そしてトヨタは間もなく同モデルにアグレッシブなルックスのバージョンを追加する。トヨタ・オーストラリアは、ハイラックスに「Rugged X」、「Rugged」、「Rogue」という3つのトリムを投入すると発表した。

No image

特にRuggedシリーズは、これまで以上にハイラックスをタフなイメージに仕上げている。画像のオレンジ色のモデルがRugged Xで、ブラックのハニカム・グリルと、LEDライトバーが組み込まれたオフロード仕様バンパーを装着し、ウィンチを取り付けるスペースも確保されている。その下部には車台を保護するスキッドプレートとロックレールを装着。ボディ上部はグラフィックやバッジで飾られ、スポーツバーとシュノーケルまで装備する。トヨタ・オーストラリアでセールス&マーケティング部門担当副社長を務めるショーン・ハンリー氏によると、このRugged Xは「頑強で有能なクルマで冒険を求める人、"よく働け、もっとよく遊べ"という金言を実践する人」向けだそうだ。

No image

写真の白いモデル、Ruggedバージョンには、また別のオフロード・バンパーが装着され、こちらは動植物からクルマを守るグリルガードも付く。豪州トヨタによると、このオフロード・バンパーは衝突保護やエアバッグの作動などには影響しないという。Ruggedモデルにはスキッドプレートは装備されないものの、ロックレールは装着されているようだ。ハンリー氏によると、Ruggedは「荒れ地を走破するのに適した、タフでオフロード性能の高いモデル」ということになる。

No image

3番目のRogueはこれらの中では最もマイルドな仕様だ。写真手前のシルバーのモデルがRogueで、ボディ同色ながら機能性を高めたフロント・バンパーを装備し、荷台にはスポーツバーが装着されている。ハンリー氏はこのRogueを「洗練と実用性の両方を求め、週末の冒険を自分のスタイルで楽しむ人」向けのクルマとしている。

これら3種のワイルドなハイラックスは、オーストラリアで今年の第2四半期より販売が開始される。

By JOEL STOCKSDALE

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ビットコイン急落。一時は1万ドル以下に
韓国『仁川国際空港 第2ターミナル・オープン』大韓航空などスカイチームが利用
ドゥカティ東京ウエストを経営のトマトモータース、破産開始決定...負債総額3億円
YouTubeで稼ぐには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」を満たす必要あり、とパートナープログラム変更
ビットコイン、一時100万円割れ 規制強化に警戒感
  • このエントリーをはてなブックマークに追加