A代表初選出のDF安西幸輝、大先輩・内田篤人からかけられた言葉と心に誓った“約束”

A代表初選出のDF安西幸輝、大先輩・内田篤人からかけられた言葉と心に誓った“約束”

  • Football ZONE web
  • 更新日:2019/03/20
No image

プロ6年目にしてA代表初選出DF安西幸輝【写真:Noriko NAGANO】

“常勝軍団”鹿島でレギュラーポジションをつかみ、プロ6年目にしてA代表初選出

森保一監督は、3月シリーズ(22日コロンビア戦、26日ボリビア戦)に臨む日本代表23人にA代表初選出の4選手を招集した。今回、昨夏のロシア・ワールドカップや先のアジアカップで両サイドバックを務めたDF長友佑都(ガラタサライ)とDF酒井宏樹(マルセイユ)が不在のなか、注目株となっているのがDF安西幸輝(鹿島アントラーズ)だ。同じ鹿島所属で日本代表の大先輩でもあるDF内田篤人からも、「見てきたほうがいい」と言われたという。

東京ヴェルディの下部組織出身の安西は、豊富な運動量とスピードを武器とする選手。東京Vのトップチームに昇格した2014年からレギュラーに定着すると、18年には常勝軍団と称される鹿島にステップアップ移籍を果たした。自身初のJ1ながら、1年目からリーグ戦28試合3得点をマーク。プロ6年目の今季も開幕から4試合連続でフル出場し、第3節の湘南ベルマーレ戦(1-0)では決勝ゴールを挙げるなどインパクトを残し、A代表初選出を勝ち取った。

初のA代表活動ながら、3歳年上のMF小林祐希(ヘーレンフェーン)や1学年先輩のMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)、同世代で同じく初選出のDF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)と東京Vユース出身者がおり、トレーニングに臨む安西の顔にも笑顔が多く見られた。

成長著しい23歳は、鹿島では先輩のDF内田に「少しでもポジションが悪いと言われる」そうで、大きな期待を受けている。今回の代表選出に関しては、「(代表は)見てきたほうがいい」と言葉をかけられたという。

「俺が出たら(試合を)見ると言ってくれた。出たらLINEを送ろうと思います。守備はもちろん、攻撃でサイドバックとして違いを出したい」

長友の“後継者”の台頭が待たれる左サイドバックのポジション争いに、期待の新鋭・安西が挑む。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
織田裕二&中井美穂『世界陸上ドーハ』でタッグ!ボルトを超える超人は誕生するか!?
勝率なんと99%以上!?ペプシの「本田圭佑じゃんけん」が強すぎる 編集部の総力を挙げて挑戦した結果...
槙野の薫陶も受ける橋岡、1か月後に視線「歴史をつくりたい」
織田裕二、『世界陸上』22年目12大会連続メインキャスター就任「チームジャパンの歴史的瞬間を...」
怪我からの復帰目指す高校生に勇気与えるCB西田。10か月離脱から昨秋復活し、日本高校選抜で世界に挑戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加