160棟の防火・遮音資材に欠陥 大和ハウスが発表

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

住宅メーカー大手の大和ハウス工業は、東京や大阪、福岡など30都府県の賃貸住宅など160棟で、防火や遮音のための資材に欠陥があったと発表しました。

不備があった資材は、各住戸の間を区切っている壁の一部などです。160棟のうち10棟では、壁の耐火性に問題があり、火災の際に建物の倒壊を防ぐ性能基準を満たしていなかったということです。また、遮音性能についても不備がありました。大和ハウス工業は原因について、資材の誤発注や図面の間違いがあったとしていて、対象物件について改修工事を行うということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
タクシーがワゴン車に衝突、歩行者の女性はねられ死亡
3時間超の謝罪会見で“露呈”したDeNAの「無責任体質」
USJ到着後 客乗せ待機中のバスから出火
非公開の東京メトロ「10番目の路線」へ 「シークレットツアー」に潜入
メタルバンドのドラマー逮捕、大麻所持の疑い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加