バッテリーの小型化が生んだ電チャリのデザイン革命

バッテリーの小型化が生んだ電チャリのデザイン革命

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/13

近頃よく見かけるスタイリッシュな〝電チャリ(電動アシスト自転車)〟。脱・ママチャリを果たし、〝乗りたくなる〟デザインが増えたワケは、バッテリーの進化にあった。

◎バッテリーの進化と電チャリの関係

街をふと見渡してみても感じる電動アシスト自転車の増加。10年前と比べると、約2倍弱に増えたというデータも。その要因のひとつとして、デザインの洗練化が挙げられるだろう。実用性一辺倒ではなく、乗りたい! と思わせる、メーカーの思惑がうかがえる。

そのデザイン性アップに大きく寄与したのが、バッテリーの小型大容量化だ。フレームはそのサイズや重さに対応し強度を高めなければいけないため、作りたくても作れないデザインが過去にあったという。

パナソニックの新型電動アシスト自転車『Jコンセプト』には、フレームデザインの自由度を高める小型大容量バッテリーを搭載。小柄な人でも乗り降りしやすいフレーム形状に加えて、取り回ししやすいように自転車全体をコンパクトに設計することに成功した。またバッテリー自体は約2.3kgの重量はそのままに、容量を約35%アップ。1回の充電で約50kmの走行が可能になった。

電チャリの移り変わりを見てきたパナソニックサイクルテックの細川洋平さんは次のように語る。

「電動アシスト自転車への不満で多いのが、走行距離の短さ。バッテリー性能のアップによって、その点は、かなり改善されたと自負しています。また弊社は、電装品のデザインから自転車の設計・組立まで行えるので、その完成度にもぜひ注目してもらいたいですね」

ここ数年で急増し、約50万台の安定した電チャリ市場。デザイン性の向上により、幅広い年齢層に受け入れられつつある。

■和をテーマにした大人の小径車

No image

パナソニック『Jコンセプト BE-JELJ01』11万円

18.2kgという実際の軽さだけではなく、乗った軽さ、取り回しの軽快さも実現したミニベロタイプ。乗り降りしやすいフレームや長距離走行が可能なバッテリーとスキのない仕上がりがポイントだ。〝ニッポンの心づかいと美意識をかたち。〟がコンセプト。

【SPEC】全長×全幅×サドル高:1570×590×745〜900mm 重量:18.2kg 電動機形式:ブラシレスDCモーター 定格出力:250W

No image

幅広い年齢層に受けそうな和テイストを盛り込んだ全4色のカラーバリエーション。

No image

自転車ライター

今 雄飛さん

自転車、トライアスロンを楽しむ実践派ライター。DIMEの企画で電動アシスト自転車にも精通するように。

No image

小型大容量バッテリーの搭載により、サドルを低く設定できる。小柄な人でも楽に乗れる設計だ。

No image

大きなボタンで、簡単にアシストを切替えられる「らくらくスイッチ」。電池残量も見やすい。

No image

軽さとデザイン性を追及したWストレートフレーム。乗り降りする際、またぎやすくしている。

[Kon’s EYE]電チャリとは思えないデザインに高性能バッテリーをプラス。コスパもかなり高い!

●小型大容量バッテリー採用

No image

振動や雨などでもトラブルを起こさない安全設計。内部は防水&類焼防止設計でパーフェクト!

No image

コンパクトになっただけではなく容量がアップ。パワーモードなら1回の充電で約50kmの走行が可能。重量は約2.3kg。

No image

パナソニック自転車開発チーム。全長約160cm、重量18kgとコンパクトな形。右から2人目が細川さん。

《ママチャリ一点張りから変化——多様な用途とデザインが合致》

〈スポーツタイプ〉

■通勤も山遊びもこなせる本格MTB

No image

ベネリ『TAGETE27.5TS』19万8000円

MTBに電動アシストを搭載し、オフロードのハードな登りをアシスト! フロントサス、前後に油圧式ディスクブレーキ、シマノ製のコンポーネントなど、山中で不安を感じさせない高レベルのパーツを装備する。

【SPEC】全長×全幅×サドル高:1790×590×840〜1000mm 重量:22kg 電動機形式:ブラシレスDCモーター 定格出力:250W

No image

1回の充電で約100km走行可能。残量を気にすることなく、街中から郊外の里山へ出かけられる。

[Kon’s EYE]本格的MTBタイプがいよいよ日本でも発売開始。通勤・遊び用として、1台あればかなり遊べるはず!!

■気軽に楽しめるクロスバイクの定番モデル

No image

ブリヂストン『リアルストリーム』15万5800円

ブリヂストンの定番・電動クロスバイクがグレードアップ。バッテリー容量が増加し、走行距離が75kmから90kmまで伸長。週末のロングライドなど軽快でスポーティーな走行がより長く楽しめるようになった。

【SPEC】全長×全幅×サドル高:1750×535×795〜950mm 重量:22.5kg 電動機形式:ブラシレスDCモーター 定格出力:240W

No image

12.8Ahから15.4Ahに20%増量したバッテリー。そのおかげで、残量を気にすることなく約1.2倍長く走れるようになった。

[Kon’s EYE]ほぼメンテナンスフリーの内装式ギアを装備しているので、スポーツバイク初心者でも扱いやすい。

〈街乗りタイプ〉

■2人乗せてもグラグラしない安定感

No image

ヤマハ『PAS Babby un リヤチャイルドシート標準装備モデル』12万4000円

2人の子供を乗せられる「幼児2人同乗基準適合車」。サドルとハンドル間を広くしたデザインのため運転しやすい。イクメンも乗りやすい落ちついたカラバリも好評。

【SPEC】全長×全幅×サドル高:1720×580×730〜865mm 重量:27.2kg 電動機形式:ブラシレスDCモーター 定格出力:240W

No image

3.5時間の充電で最長58kmの走行が可能な12.3Ahバッテリー。力強いアシスト力を発揮する。

[Kon’s EYE]専用設計なのでホイールベースが長く低重心。お子さんを乗せてもグラグラしないのが魅力です。

■乗り降りしやすいフレームデザイン

No image

ルイガノ『LGS-EA26』12万9980円

のんびり街乗りを楽しむなら、クラシカルなスタッガード・フレームのこちらはいかが? フロントキャリアを標準装備しているため、荷物を載せたり、バスケットをつけたり、自由にカスタマイズできるのが魅力だ。

【SPEC】全長×全幅×サドル高:1860×585×735〜865mm 重量:24.7kg 電動機形式:ブラシレスDCモーター 定格出力:250W

No image

バッテリーは長寿命の8.5Ahリチウムイオン。オートオフ機能で、無駄なバッテリー消費を回避。

[Kon’s EYE]実用性が高い大きめのチェーンガードにより、服装を選ばず、しかも汚すことなくライドを楽しめる!

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
「ブラックフライデー」始まる、日本では1日前倒しで
アマゾン、LINEスピーカーを突然「排除」...独禁法違反の可能性
毎年車検で荷台はむき出し!それでも『ハイラックス』が売れる理由
「さすが先進国」「日韓の根本的な違いを感じる」日本企業のノー残業に韓国ネットが感心しきり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加